スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハムスターのいない休日はさびしい…

200601z8.jpg


わが家のハムスターであるボンは、2006年1月27日、午後7時55分に、2年3か月(人間年齢換算81歳)の命を終えた。カミさんは、ボンが暮らした小屋および小物を洗い、ベランダに並べた。10年ぐらいにわたって、わが家ではハムスターを飼い、亡くなったら、近くの川へ行き、水葬で見送ってきた。しかし、今回は特別な感情がある。

200601z7.jpg


前回のハム助までは、亡くなってから1週間も待てずに、ペットショップで次のハムスターを飼ってきたものだが、今回は誰もそのことに触れないのだ。子どもは高2になり、以前ほど悲しみの感情を表に出さなかったし、カミさんと私も同様なのだが、日時が経つほど、「ボンはいいハムスターだったね」という言葉がでるのだった。
スポンサーサイト

福島の干し柿は最高の味だ!

200601z6.jpg


一昨日、父から手造りの干し柿が、紐に付いたまま宅配便で送られてきた。父の電話によると、そのままビニールの袋に入れておくと、柔らかいままになっているから、そうしなさい、とのことだったが、私とカミさんは固めの干し柿が好きなので、ベランダに干すことにした。

200601z5.jpg


日光颪(おろし)に寒風にあたった干し柿は、さらに白く粉がふき、甘みを増したのか、とても美味しいのだった。私は、わが家に届いてから3日目にして、5個も食べてしまった。今日もあと2~3個はいただこうと思っている。父が85歳の手で、柿の皮をむき、大雑把に紐へはさみ、実家の縁側あたりに吊るしていた干し柿である。上品に甘い、実にまろやかな甘さ、自然の甘さであり、父の心の温もりが感じられるのだった。

200601z9.jpg

電気乗用カート、伊藤園の自販機、回転寿司…

20060108r.jpg


この乗用カートは、ゴルフ場で活躍している。なかなかデザインもよろしい上に、操作性にも優れている。充電式の乗用カートだと思う。音もガソリン式の乗用カートに比べて静かだし、排気ガスの臭いもしない。けっこう馬力もあるようだった。常日頃、免許証はゴールドの私でも、まったくといって良いほど公道を運転することはない(ペーパードライバーだからリスクが大き過ぎるのだ)。だけど、運転自体は面白いので、ゴルフ場でその欲求を満たしている。

20060108q.jpg


これは、栃木の山里のゴルフ場内に設置されていた飲料自販機である。伊藤園は、サービスに関してまったく手を抜かない、ということを痛感させられるほど、真新しく、清潔に、しっかりとした品揃えをしており、企業理念が隅々まで行き渡っている姿を見たような気がした。

20060108s.jpg


最近、真岡市内に出来た回転寿司の大型店舗である。ゴルフの帰路、家族で寄ってみたところ、オーダーシステムが、マイクとスピーカーを通じた店員とのやりとりではなく、タッチパネル方式だった。回転寿司の進化、恐るべしという印象を受けた。基本的にオール100円、親企業は、昨年、「すき家」のゼンショウグループに買収されたココス・グループだった。ゼンショウの肥大化も侮るべからず、と再認識させられたのである。

後楽園グループのゴルフ場にて…

20060108m.jpg


先日、ラウンド前に少しは練習をしようと、1時間半も早くゴルフ場へ着いたが、予約していたゴルフ場には練習場がなかった。フロントへ問い合わせてみたら、近隣の「TPC馬頭後楽園ゴルフクラブなら、練習場だけの利用ができますよ」とのことだったので、途中下車することにした。

20060108o.jpg


フロントでコインを購入し、クラブハウス左後方の練習場へ向かった。池には氷がはって、カモがたくさんいたので、写真を撮った。もう少し近づきたかったのだが、仲良しの雰囲気がやさしい気分にさせてもらったのである。このゴルフ場でラウンドしたことはない。経営が後楽園ということで、私にとってはぜいたくなゴルフ場なのだ。練習だけのために、リーズナブルな料金で解放してくれるのは有難いことだった。

20060108n.jpg


バンカーやアプローチの練習場もあって、1時間があっという間に過ぎてしまった。広々とした練習場で購入したコインを急いで打ち終え、これで、今日のラウンドはバッチリ・ベストスコアだな、と目論んだものの、結果は同じようなものだったから、腕が悪いとしか言いようがない。でも、最高に楽しかったから、ベスト・デーだったのである。

20060108k.jpg

丸ちゃんのゴルフ場は雰囲気がとても良い…

20060108c.jpg


栃木の矢板インターからほど近いところに、プロゴルファーの丸山茂樹さん所有(オーナー)の「ファイブエイトゴルフクラブ」がある。今年のわが家の打ち始めをした。大人は少々高い(そうはいっても栃木県内でのこと)けれど、18歳までのジュニアには格安の割引料金が適用される。当日は、真冬ということもあってジュニアはほとんど見当たらなかったが、昨年の春に出かけてたときには、多くの家族連れが来場していた。大人の来場者が、ジュニアの割引料金をカバーするという料金体系について、ある程度の理解ができるつあると思った。

20060108f.jpg


スタッフの若者たちや年配の従業員たちも活き活きしている感じを受けた。自らの職場に誇りを持ちながら、日々の仕事にとりくむことが、いかに大切かという雰囲気がわかるような気がした。はきはきとした動き、お客さんへのフレンドリーな対応、全体的な明るさなど、オーナーの考え方が色濃く反映されているのかも知れない。インターネットでの予約も、24時間受付で簡単にできる仕組みになっている。

20060108g.jpg


スコアカード、グリーンマーカー、ペンシルに至るまで、しっかりと作成しており、無駄がなく、記憶に残りやすいようなイメージの統一感がある。これまで、ゴルフ場の経営といえば、数人のゴルフ好き芸能人がトライし、いずれも失敗に終わっており、数多くのゴルフ場が外資系投資グループに買収されてしまった。丸山茂樹さんのゴルフ場が今後とも順調に運営され、日本におけるゴルフ場の経営のモデル(ジュニア育成からシニアも楽しめる)になってくれればいいな、と願っているのだ。

20060108h.jpg

スキー場みたいなゴルフ場でのラウンド

20060108a.jpg


○ 昨年末、それは初体験のゴルフでした。これまでも寒い時期のゴルフはしてきましたし、グリーン上にナイスオンしたとしても、ポーンと跳ね飛ばされてしまったことや、池に氷が張っていることはありましたが、身体が寒さにこごえるようなことはありませんでした。今年の冬の寒さは尋常ではない。私はスイング矯正中であったから、ショットの乱れはある程度覚悟していたけれど、手の甲がシモヤケ状態になるほどの寒さは、まったくの想定外であり、防寒の準備も出来ていなかったのである。

20060108b.jpg


○ コースの半分以上ぐらいに雪が残っていた。矢板インターぐらいまで、景色の中に雪は見られませんでしたが、北上するにしたがって残雪がはっきりと目に入り、クローズなのではないかと携帯電話で確認したほどだ。どうにかゴルフは出来そうだと喜んだのはいいが、身体が芯まで冷え込む中で、私のスイングは乱れに乱れてしまったのである。言い訳ではない。貴重な体験をしたとも思っていない。あんな寒くて、フェアウエイやラフの残雪に入ったボールは見つからないという状態では、ゴルフをすべきではないのだと痛感させられたのである。

たばこを吸う場所の現在…

051211l.jpg


○ 東京方面行きの小山駅新幹線乗車ホームから、仙台・盛岡行きのホームに新幹線の車両が入ってきたときに、携帯電話のカメラのシャッターを切ったものである。場所は、喫煙コーナーからだった。新幹線の停車位置(イコール=乗車口)から、かなり離れたホームの最先端に1か所だけ、屋根もなく風除けもなり場所に、灰皿がポツンと置いてあるのだ。これを喫煙コーナーと呼ぶなら、余りにも喫煙者を軽んじているとしか思えない。喫煙者は1本につき約1円、旧・国鉄債務の支払いに協力しているにも関わらず、何たる処遇の悪さなのか、と憤りさえ覚えるのである。

051211shigin04.jpg


○ この画像は、JR駅の神宮口にある喫煙コーナーだ。たくさんの乗客が通過するから、たった一つの灰皿だけでは足りないし、ゴミ箱も設置されていないので、吸い殻以外のゴミが散乱している。天下の原宿駅なのだから、もう少し人手と経費をかけて、乗客の利便をはかるべきではないだろうか。ポイ捨てはいけない、それは正しいけれども、本来必要なゴミ箱や灰皿を一方的に減らすのはいかがなものか。たばこはもちろん、缶飲料、ペットボトル、ガム、おにぎり、菓子類などを駅の売店で販売しているにも関わらず、改札口付近にゴミ箱や灰皿を置かないのは絶対におかしいと思う。悪乗りとしか言いようがない。早急な改善を求めたい。
プロフィール

水元正介

  • Author:水元正介
  • 水元正介のブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。