スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

串一徹、という串焼き屋さん!

20060811saito02.jpg


○ 以前にも紹介したかと思うけれど、このイラスト(子どもの絵)が、串一徹というお店の入口に貼ってある。おそらく、これはその2枚目であり、徐々にパワーアップしてきているのだ。自分たちにっとて、月に少なくても2~3回は行き、多い時だと(先週は月曜日と金曜日)週に2回顔を出している。

○ 金曜日、私は日本酒の「八海山」を1杯、お冷2杯、ちょびチョビ飲みながら、カシラ、シロ、ハラミ、レバニラ炒め、大根の漬物、キャベツのハーフサイズなどを美味しくいただいた。値段も安く、繰り返し使うお店としてはもってこいなのである。あまりに楽しいひと時だったので、その夜、東北新幹線を宇都宮駅まで寝過ごしてしまった。幸い、帰りの大宮駅に間に合い、タクシーを使うことなく自宅にたどり着くことができた。めでたし、メデタシ。
スポンサーサイト

溜池山王・環境派

■ 今朝、溜池山王駅周辺でセミを2匹拾った…

○ 早実と駒苫との夏の甲子園決勝再試合は、歴史に残る名勝負として感動を呼んだ、らしい。本当は今日(8月21日)も夏休みを取りたかったけれど、すでに自分の夏休みは終わっているのだった。でも、今朝は早起きして、溜池山王駅周辺の清掃ボランティア活動に参加することができた。

○ 午前8時にはすでに暑かったので、清掃活動中にシャツがびしょ濡れになるほど汗をかいた。同じ清掃(ゴミ拾い)とはいっても、毎度、地域的な差を含めた特徴や発見があり、とても勉強になるのである。今回はセミの亡骸を2匹も拾ったことが、新鮮な驚きだった(写真を撮ろうと思ったが、周囲の人たちの目を気にして、そのままゴミ袋に入れてしまった)。きっと、神社や木々の多い赤坂という地域柄、セミの生息地がたしかに存在しているのだろう。

一夏の短い命、悔いのない生涯だったのか?

と、私は内心でセミの亡骸に弔いの言葉をかけたのである。

tamesannoh01.jpg


○ 早めの東北新幹線に乗り、いつもと違うルートで東京駅構内を歩いていたら、コーヒーショップのポスターが目にとまったのでした。「BECK‘S」は、ドトールなどに比べたら後発のショップであり、しかもJR東日本の駅構内を主な出店先にしている中で、「たばこを吸う場所が極端に少ないから、たばこが吸える空間を提供することで、確実な集客数を計算できる」という判断に立ったものと推測できます。「BECK‘S」の経営者の判断は、きわめて正しいと感心させられたのです。来春から東北新幹線でも全車両が禁煙になる予定ですので、今後、ますます「喫煙席もあります」というコピーは、喫煙者にとってのオアシスとなり得ることでしょう。

tamesannoh07.jpg


○ 溜池山王近辺の路地に、老舗の和風レストランがありました。その入口には、メニューと一緒に鉄製の器が置いてあり、早朝だというのに、数本の吸い殻が見えました。そもそも日本においては、お客さんが来たとき、最初に「たばこ盆」を出すという時代がございました。その良き風習をしっかり受け継いでいる和風レストランに、オーナーの「粋(いき)」を感じたのです。機会があったら、ここで親しい友人とでも、食事をいただいてみたいと思っているのです。

tamesannoh12.jpg


○ 溜池山王駅と虎の門駅の中間地点あたりに、わが国のたばこメーカーであるJTの本社ビルがございます。1985年までは「日本専売公社」と呼ばれていましたので、私の年代でもJTより専売公社の方がなじみ深いようです。さらに年代をさかのぼり、父母の世代では大蔵省「専売局」という呼び名を今でも使う人が多いのです。
 新橋駅方面からは、自分もJT本社ビルを何度となく見ているが、今回の清掃活動ボランティアに参加し、路地に入り込み、中腰で無心にたばこの吸い殻等を拾い、ふと見上げた先にJT本社ビルがあったのです。

■ 今朝の出会い(カマキリ、蛾)について

20060901i.jpg


○ 8月22日の朝も早起きして、溜池山王駅周辺の清掃活動のボランティア活動に参加したのです。明日が最終日なので、ことのついでということもあるから、元気を出して早起きし、着替えを準備して参加しようと思っています。「早起きは三文の得」と言われておりますが、今朝、最寄り駅に向かう途中の小学校の金網にいたカマキリと目が合いました。茶褐色で小型の成虫だったのですが、一瞬「ドキッ!」とさせられました。

○ 子どもの頃から、私はカマキリが得意ではありませんでした。そして、少し歩いたら、スズメが重そうな緑のエサを口に挟んでいたのですが、私の足音に驚きエサを置いて飛び去ったのです。かかんで、緑のものを見たらカマキリの子どもでした。携帯電話のカメラで撮影しておきました。そんなことがあって、さらに2時間ほど経過した東京都内の赤坂の道端で、仰向きになった蛾の亡骸があったのでトングで挟んだら…

羽をバタつかせたので、まだ生きていました

でも、勢いでゴミ袋にポイと放り込んだのです。遅ればせながら、あの蛾に対して心から冥福をお祈りする次第です。

○ たばこを吸う場所をきれいにすることが、案外、今までは放置されてきたのかも知れません。今回、私が参加したキャンペーンの場所には、古いスタンド灰皿と真新しいスタンド灰皿の両方が設置されており、それは次の画像のとおりなのですが、誰が見ても新しい方がいいに決まっています。喫煙者にとっては、たばこの吸える場所が、きちんとメンテナンスされることは大歓迎なのです。

tamesannoh03.jpg


tamesannoh08.jpg


■ コマツ本社ビルの思い出

○ 2006年8月21日~23日、「みなとタバコルール」に関連した清掃活動のボランティア活動の集合場所が、コマツ本社ビル前でした。ご存知のとおり、コマツはブルドーザー等の土木作業車では世界トップのメーカーです。ヤンキースの小松選手は、父が栃木県内のコマツに勤務していた関係もあって、コマツのテレビコマーシャルに出演しています。

○ 私の個人的な思い出は、若い頃、労働運動として日常的にあった集会後に、デモ行進に参加していたのですが、そのコース上にコマツ本社ビルがありました。当時は、ビルの屋上に黄色い本物のブルドーザーが設置されており、デモ行進中、それを見上げることが習慣になっていました。
「高度経済成長」や「土木建設大国ニッポン」の象徴として、さらには「大胆にして、わかりやすい広告のあり方」として、今でも私の中では忘れ難いシーンなのです。それが、時の流れとでも言うのでしょうか、今はコマツのテントのそばに設置されているショーウインドー内に、ミニチュアのブルドーザーが飾られ、屋上は環境を意識したグリーンゾーンになっています。

tamesannoh06.jpg


tamesannoh04.jpg


tamesannoh05.jpg


■ 溜池山王・環境派

○ 8月24日、朝の栃木県は曇りでしたが、東京に着いたときには雨が降っておりました。都内の一部エリアでは、傘が役に立たないほどの豪雨だったらしく、「いやーっ、ズボンまでびしょ濡れだよ!」と上司が言っていました。

○ 暑かった月曜日から水曜日、毎朝早起きし、溜池山王駅周辺の清掃活動に着替えを持参して参加しました。2日目まではすでに報告ずみなので、最終日の23日に印象的だったことを書いておこうと思います。

(1)早朝からビザ更新のため、行列のできていたアメリカ大使館前の路上で、アブラゼミの亡骸を拾いました。ボランティア初日に拾った2匹と同様、「精一杯生きたのか、悔いはないか」と心の中でつぶやき、冥福を祈ったのでした。

tamesannoh11.jpg


tamesannoh10.jpg


(2)トング(炭バサミ)で、吸い殻を1本ずつ拾っていましたが、ちょっと工夫すると4本ぐらいまで挟めることがわかりました。何ごとにおいても、繰り返しとりくんでいけば、スキルがアップしていくものなのですね。意識的にやったわけではなく、自然に出来てしまったことが嬉しかったのです。

(3)生垣の中は、六本木交差点周辺と共通するのですが、「ゴミ箱」化していました。コンビニのレシートやら、空き缶やら、空きペットボトルやら、タクシーの領収書やら、まったくひどいものでした。

(4)コンビニの入口付近に、灰皿があるにも関わらず、けっこう吸い殻が散乱していました。いったんは自分の所有物であり、口にしたものを捨てる行為は、明らかに巡り巡って「自分を粗末に扱う」行為と同じであることを、じっくりと考えてもらいたいですね。極論すれば、「捨てる人は捨てるし、捨てない人は捨てない」という2つのタイプの人間しかいない、と言えるのでしょうかね。

(5)たばこの吸い殻には次のタイプがあり、どこまでが「たばこの吸い殻」で、どこからが普通の「燃えるゴミ」なのかを考えさせられました。

・ 一両日中にポイ捨てされた「丸い吸い殻」
・ 3日程度経過し、丸みを失った平たい「吸い殻」
・ 変色している数日経過後のフィルターだけの「吸い殻」
・ アスファルトに食い込み、どうにか「吸い殻だった」とわかる物
・ 包んでいた紙と分離し、バラバラになったフィルターの繊維

 以上のような新たな発見が嬉しかったので、今後ともボランティアの呼びかけがあり、日程の都合がつけば、積極的に参加させていただきたい、と思ったのです。

○ 港区職員さんの「みなとタバコルール」キャンペーン用幟(のぼり)の取り付けをしていました。彼らはエコワゴン車でやってきました。近年は、路上喫煙対策をはじめ、ネズミの駆除やカラス対策など、区のお仕事も多種多様になってきたようです。

tamesannoh09.jpg


tamesannoh02.jpg
プロフィール

水元正介

  • Author:水元正介
  • 水元正介のブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。