スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負けパターンなので散歩へ行こう!

080417p.jpg


● せっかく楽しみにしていた阪神対ヤクルト戦のNHKBS放送なのに、拙攻と3つのエラーによって、0対4で負けているのです。まあねぇ、これまでうまくいきすぐていたし、相手があることだから、いつも勝てるとは限らないのである。

● ちょうどたばこが切れたので、コンビニへ行くついでに散歩でもしてこようと思う。野球は試合終了まで放送されるから、このまま見ているとストレスがたまるので、この場を離れて時間をおくのが賢明なのだ。
スポンサーサイト

クルーンの1球はストライクだったかも知れない

昨夜、阪神タイガースが逆転サヨナラ勝ちをした。

テレビアサヒの中継が終了した時点で、1対3で阪神が負けていた。「新井選手あたりが逆転サヨナラホームランを打って勝ちそう(勝てばいいな)」と願いつつ、クルーン投手が出てくるからと、半ば諦めていた。それでも、一抹の期待を抱きつつ、スポーツニュースを見たら、まず8回裏のチャンスに極度の不振に陥っている今岡選手が代打で、きっちりとタイムリーヒットを放ち、1点差の9回裏に赤星選手の内野安打で追いつき、二死満塁、カウントツースリーから新井選手が押し出しのフォアボール、審判に詰め寄ったクルーン投手が退場になるというオマケつきだった。

クルーン投手のあの1球は、たしかに微妙な判定だったが、勝負の流れからいえば、明らかな阪神タイガースの勝ちであった。有利に試合を進めていた阪神タイガースは、途中、杉山投手が簡単に2死をとった後、連続フォアボールを出し、ラミレスへの1球目、あれはひどかったね、私は思わずチャンネルを変えてしまった。ホームランじゃなくて良かったし、絶対に負けのパターンだと覚悟を決めたほどだ。それにしても、勝ち切るというのは大変なことだ。逆に、最後まで諦めないことも大事だと思った。昨日の男子プロでは、岩田寛プロが17番ホールの2打目の判断を間違い、2打差もあったのに自滅し初優勝を逃してしまった。応援していただけに残念である。

ガラガラの新幹線車中のデッキにて…

hminami05.jpg

◎ 昨日の中央メーデーの行き帰り、僕は新幹線車中のデッキで詩吟と「俵星玄蕃」の練習をしました。行きは45分間、帰りはちょっと遠回りしちゃって(東京→熊谷→大宮→小山)60分ぐらい、大きな声を出すことができました。メーデーの会場で立っていたことや、渋谷まで歩いたりして、今日は少し足が疲れています。午前中、ゴルフの練習場へ行ってきたのですが、イメージどおりの玉筋が出ませんでした。

hminami02.jpg


◎ こうしてキーボードに向かっているときも、MDプレーヤーで三波春夫さんの「ベストコレクション」を聴いています。そろそろ飽きてもいい頃なのに、もう一枚CDが欲しいぐらいの気持ちです。それから、三橋美智也さんのCDにも興味があります。昭和30年代(私が3つ~11歳ぐらいの子どもだった頃)、三波春夫さん、三橋美智也さん、村田英雄さんの歌が流れておりました。今になって、3人の歌がとてもいいと感じているのです。

メーデー会場も分煙になりました!

080405h.jpg


からし蓮根は美味しかったのです。初めて口にしたときは、驚いたものでございます。嗜好品と同じように、一度うまいと感じるとくせになるのでしょう。さて、本日は79回目の中央メーデーでした。去年まではメイン会場内でも、ポケット灰皿を使って喫煙することができました。今回からはごった返すメイン会場内が禁煙となり、メイン会場外の場所には喫煙所が設けられています。いわゆる「分煙」となったわけです。

現在の世間動向からすれば、妥当な措置だと受けとめています。

カラオケで初めて三波春夫をやりました!

先日、仕事仲間のメンバーの皆さんの前で、まるで自信はなかったのですが、セリフと浪曲部分を抜いた「俵星玄蕃」を初めてやらせていただきました。2週間ほど前に、カミさんの前で練習した程度だったのですが、途中、少し音程を乱したことを除き、気持ち良く歌い終えることができました。

hminami06.jpg

以前は、自分の音程を乱したことさえ気づかずに、カミさんから「よくもまぁー、そんなに外したまま歌い続けられるわね!」と呆れられていたのですから、詩吟教室に通い、あげくの果てに「先生」を体験して、「音程の乱れに気づいた」ことは格段の進歩なのでしょう。それから、カラオケで上手な人の歌をお聞きしながら、日本語の正しいアクセントも勉強できるようになりました。

バットの素振りはよい運動になります!

080418b.jpg


● 前回の中日戦は2勝しましたが、昨日からの3連戦については、3連敗もあり得ると嫌な予感がございました。初戦の昨日、阪神タイガースキラーの中田投手に、散発5安打の完封負けでした。世の中、それほど甘くはございませんなぁー。まだまだ始まったばかりなので、一喜一憂していたら身が持ちませぬ。

● 野球は見るだけでしたが、最近、ゴルフの基礎練習として金属バットの素振りを取り入れ、週末には雨の日以外、200回前後の素振りを続けています。かなり、身体がしっかりしてきた感じがします。とくに膝を柔らかく使うことや、両腕の使い方がゴルフと共通している気がしています。6月と7月には、それぞれ1回ずつラウンドする予定があるので、今からとても楽しみにしているのです。

かわいいモノ好きな夫婦なのです!

080417d.jpg


◎ 自分で使いもしないのに、カミさんがココスでパートをしている近所の知り合いから、ドラえもんの小銭入れをいただいてきました。実のところ、私たち夫婦は幼稚な一面があって、簡単に言うと「かわいいモノ」に弱いのです。私が50歳代半ばで、カミさんも40歳半ばになりましたが、この種のモノを簡単に捨てられず、家の中のあちこちに、まだまだ残っているのです。

◎ 子どもはすでに大学2年生ですから、この種のモノにまったく興味を示しませんので、いったいドラえもんの小銭入れはどうなるのでしょうか。私は従姉妹の長女の子どもさんに送ってあげようか、と考えているところです。それにしても、子どもたちはファミレスやハンバーガーショップにとって大事なお客さんであり、将来的にもリピーターとして期待できますから、各種のグッズに力を入れていますね。

ベイシア真岡店でのお買い物

080406e.jpg


◎ 4月6日、ベイシア真岡店で食材を購入したが、そのあまりの安さに驚いたので、ご報告をさせていただきたいと思ったのである。

みんなのおやつ(100円×2点)
お好みソース本場関(178円)
毎日サラダミックス(92円)
マルハ さんま蒲焼(92円)
とんかつソース(92円)
スナオシきしめん(38円)
いかだそうめん(38円)
讃岐ざるうどん(148円)
常陸屋 白玉麩(135円)
ゆでうどん(20円×2点)
ホッカイのホタテのヒモ(88円)
もやし(19円)
二枚はんぺん(88円)
生ちくわ 5本(52円)
小さなとうふ3ヶ入り(88円)
ミズホ あぶらあげ(45円)
熊本産 根しょうが(148円)
板こんにゃく(30円)
にら(49円)

◎ 21点の合計が1660円であり、野菜をたくさん食べるようになったので、お肉中心の食事よりは健康に良いのである。わが家では、昨年の春から夫婦二人所帯となり、食卓のメニューは大きく変化した。子どもの教育費や老後への備えなど、ぜいたくはしていられないが、工夫次第で倹約につながっている。決してみじめな気持ちにはならないし、かえって楽しいほどである。

目から声を出す!

080417o.jpg

※ こいのぼりもチラホラ目につき、柏もちが美味しい時節になりました。

◎ 私は詩吟教室の先生に、「声をお腹から出すのですが、息を吸い込む場所のイメージは、背中の肩甲骨の下あたりです」と教わりました。でも、4~5年の間、息は鼻や口から吸うのであり、背中ということが実感として理解できないでおりました。しかし、毎日のように詩吟の練習を続けていたら、一昨年あたりだと記憶していますが、先生のおっしゃっていた場所に痛みを覚えました。発声していると、肩甲骨の下側に力がこもるのです。これが「背中で息をする」ことなのか、と不思議な気持ちになりました。

080417n.jpg


◎ また、先日、若い頃に演歌歌手をしていた従兄弟のSさんから、「ノドから血が出ても毎日の発声練習の欠かさなかったし、結局、声は目から出すものなんだ」と、お聞きしました。たしかに、オペラ歌手などは目を大きく見開いて歌っていますが、それをいざ自分でやってみると、なかなか実感がわきません。照れ臭さや、意識と身体の連動という面で慣れていないので、今後の課題にしていきたいと思っています。

阪神タイガースの5連勝!

080418a.jpg

* NHKBS2で中日戦を観戦しながら、2000本安打の瞬間を撮ろうとしたのですが、無安打でした。

昨夜の東京は雨、横浜球場は早々と中止が決まり、神宮球場も無理だろうと思っていましたが、帰宅してスポーツニュースをチェックしたら、ヤクルトスワローズの自滅(3失策)もあって、わが阪神タイガースは今年2回目の5連勝をかざりました。試合後、強い雨の中のゲームについて、選手の負傷を心配した岡田監督は、「こんな日にゲームを強行したことに怒りを覚える」とコメントしていました。

地力があれば、均衡した試合においてミスをした方が負けます。昨夜の試合がその典型でしょう。今年のヤクルトは、ジャイアンツ相手の開幕戦3連勝で勢いをつけましたが、走る野球のスローガンは達成しているものの、守りの弱点が露呈し、ついに貯金なしとなりました。阪神タイガースは、戦力バランスが実によくて、藤川投手のお休みも確保されてきたので、このまま突っ走って欲しいものです。

ヘモグロビンA1cの話題

080405e.jpg

※ 甘い物好きはいっこうになおりません!

● 私たち兄弟3人は、59歳、57歳、54歳ですが、次兄は毎日インシュリンを打つ患者で、長兄と私も初期糖尿病と付き合いながら生活しています。亡き母が糖尿病を患っていたこともあり、まさに遺伝ということです。先日、東京都内でおばさんの告別式があり、3兄弟が顔を揃えました。亡きおばさんのお子さんたちも4兄弟です。おばさんの4男が私の長兄と同い年ですから、幼い頃(旧盆の時期)にはたくさん遊んでいただきました。

● 告別式を終え、精進落としの席で私たち兄弟は長兄を真ん中に、隣り合わせて座りました。3人の共通の話題が、糖尿病を管理する数値の「ヘモグロビンA1c」でした。正常値は「5.6」で、「5.8」が危険信号になります。私は2007年3月の「8.8」から、今年の3月には「6.2」へ減少しましたが、「6を超えていたら、立派な糖尿病だよ」と長兄から言われました。昨年の夏から、私は近所の医院で定期的に内科検診を受けており、体質改善にとりくんでいた秋には「5.9」に下がりました。でも、年末年始の過食によって「6」をオーバーしています。

9人兄弟姉妹のテーブルにて

昨夕、親戚のお通夜のお清めの席で、私は9人の兄弟姉妹のテーブルに座られせていただいた。9人の中で、すでにお一人は他界なされていたが、皆さんの和やかで仲のよろしいご様子に、私は羨ましい想いで眺めておりました。他界されたお人が、私の従兄弟に嫁(とつ)いで来た日は、私が小学校5年生のときだった。初めて東京へ行った記念すべき日だったのである。

お嫁さんの実家へもお邪魔した記憶があって、その話をしたところ、場所は江戸川区の新小岩であり、そこはまさに私の子どもが「ここにする!」と、昨春、一緒にアパートを探した小岩のすぐそばだったのである。私の遠い記憶が、わが子に伝わっていたのか、と不思議な気持ちになったのである。現在も福島から嫁いだ従姉妹が新小岩に住んでいる。そういえば、私の従兄弟や従姉妹もたくさんいるが、9人兄弟姉妹だったら、甥っ子・姪っ子の数もすごいだろうなー、と思ったのである。

ゴルフの手袋は消耗品なのです!

080330d.jpg


昨日、先月末に受診した半日ドックの結果が届きました。各項目の数値は格段に改善されているのですが、まだ「糖尿病の恐れがあるので二次検診(再検査)を受けて下さい」と記載されていました。一昨年と同じことが記載さえていましたので、総務部の同僚に「去年から地元の病院で定期的に診断を受けているので、再検査は不要だよね」と報告し、了承を受けました。ヘモグロビンL1cの数値が若干基準値を超えていますので、さらに運動を続けながら、体質改善にとりくむ所存です。

運動といえば、ゴルフの練習を中心にしていたのですが、どうしても上体だけの動きに偏りがちになっていたので、子どもが草野球で使っていた金属バットを持ち出し、週末に100回の素振りを2度ほどやるようになりました。そのとき、左手の平にマメができたので、ゴルフ用の手袋を使っています。ゴルフの練習にも必要ですから、500円前後の安価な手袋を多めに買っておきました。バットを横ぶりしていると、足腰が鍛えられますし、腕の使い方(折りたたみ)が上手になってきたようです。

アルプス技研における「声だし」特訓の意味!

kanseki05.jpg


今、テレビの「カンブリア宮殿」が放送された。そこで、新入社員研修の様子が紹介されていた。社訓を暗記して、90秒以内に大声で発表させられる。私は、それが詩吟のお稽古に似ていると思った。会社の研修か、趣味かの違いだけで、様式はまるでそっくりなのである。先週から、ふとしたきっかけで、私は詩吟の先生役をおおせつかり、実際に教える立場になってみて、なおさら詩吟の効果(大きく息を吸って、その息を吐き切る)を再認識している。

相手にきちんと伝わる声で、あいさつや感謝を述べる、恥ずかしさなどを取り払い身体の心底から声を出す、それが生きていく上でとても大切なんだ。詩吟の舞台に立ったとき、まるで逃げ場がなく、そこでお腹から声を出し、たった2分間という制限された時間で、4行の漢詩を吟詠するのだが、私はその度に貴重な勉強をさせてもらっている。生きる元気や風邪を引きにくい体質にもなってきた。というわけで、なお一層詩吟に精進したいものだ、と思ったのである。

練習は自分を裏切らない

06_0730k019.jpg


◎ 今日の朝日新聞スポーツ欄「鉄人の目」で、衣笠祥雄さんが「鍛錬の成果」というタイトルで、金本選手の2000本安打について、あたたかいメッセージを寄せていた。「練習は自分を裏切らない」ことが実証されたこと、「自分の身体を知り、厳しく鍛え」てきたこと、それを当り前のこととしてやってきたからこそ、継続できたのだろうと書いていました。

◎ 私は詩吟をしており、「金本選手の爪のアカ」程度ですが、毎日の練習や自分の身体を知ることの大切さについて、改めて再認識させられました。同じ紙面の中で、金本選手は「目標をしっかり持つ。苦しいときでもはい上がるような気持ちがあれば体はついてくる」と述べています。自分の心と身体の折り合いのつけ方、これまた永遠の課題ですね。

連敗しない阪神タイガース

080406d.jpg

※ 先週の日曜日、真岡市内は桜が満開でした!

待ちに待っていた金本選手が、本日の横浜ベイスターズ戦(デーゲーム)第4打席目に2000本安打を達成しました。心から「おめどとう!」と言いたいです。チームも今シーズン初の連敗を逃れ、逆転勝ちしました。テレビ中継がなかったので、ヤフーのプロ野球速報を見て知りました。

選手たちの成績をチェックしたところ、私の大学の同窓生・今岡選手が相変わらずの絶不調で、4打数3三振でした。レギュラーを外されても仕方がないでしょう。もともと天才肌のバッターなので、一度スランプになると回復に時間がかかります。ダントツの首位打者だった年が夢のようで、とても心配です。

ゴルフコンペの参加賞

080320a.jpg


この頃、日常生活の中で、ふと気が抜けてしまう瞬間がございます。まぁ、年老いてきたということなのでしょう。2月と3月はゴルフが絶不調でした。一度、ゴルフ場のコンペに近所の人たちと参加しました。一緒にラウンドし、常日頃、ゴルフの指導を受けている先輩が優勝しました。残念ながら、私は参加賞のミズノのソックスを2足でした。

これからの季節、職場に向かう道すがら雨に見舞われ、靴下が濡れてしまうことも想定されますので、そのための準備として、職場のロッカーに保管しておこうと思います。最近、以前ほど悪化はしていないのですが、水虫持ちでもありますから、足はたえず清潔にしておかなくてはいけません。

080320f.jpg

青森県産のにんにく

080311a.jpg


わが家の野菜の消費量は、昨年春から急増しました。子どもが上京して一人暮らしを始め、夫婦二人暮らしの食卓にマッチしたメニューへと変わったからです。さらに、あれだけ好き嫌いの激しかった子どもですが、ひとり暮らしをしているうちに、一部を除き、ほとんどの食材を食べられるようになりました。

とくに、一度の食事でみそ汁を2杯も飲むようになったことと、いろいろな野菜をたくさん食べるようになったのです。私たちの目の前で、ワカメや小松菜を食べていたのを初めて見たとき、びっくりしたのと同時に「幼い頃の好き嫌いを叱ったのが間違いだった」と深く反省させられました。

それから、昨今の輸入食品・農産物の問題はいまだに解決の方向性さえ出ておりませんが、私は以前から「野菜類は地産地消に限る」と確信しておりました。少々お値段が高くても、それで農家の経営が成り立ってくれ、安全・安心が確保されるのであれば、結果的に安いものだと信じて疑いません。

わが家では、中国産のにんにくが流通しなくなって、たしかに家計には痛いのですが、画像に紹介したような国産のにんにくを上手に使って、美味しい家庭料理を工夫しています。栃木県の農村地帯の真ん中に居住しておりますので、道端に販売書を構えている農家も多く、週末、出かけたときのついでに立ち寄っています。大根やカブの葉っぱが、お惣菜への応用範囲も広く、けっこう美味しいのですよ。(2008.4.10)

わが居住地は大学病院の街

080321c.jpg


◎ 本日(2008.4.9)の昼休み時間、20年ほど前の同僚であったBちゃんが職場にやってきた。あいさつされても、一瞬、誰なのか理解できなかったが、すぐに思い出して40分ほどお話しをしたのである。大学2年生と中学1年生の2児の母だ。私より10歳下だけれど、結婚したのも親になったのもBちゃんの方が1~2年先輩である。Bちゃんは職場を見回しながら、「すいぶんと変わったねぇー。でも、懐かしい」と言った。

◎ それもそのはずで、あれから20年、私は栃木県から通勤するようになって17年目になる。大学病院の他には畑と林しかなかった街が、今ではだいぶ賑やかになった。久しぶりに散歩をしてみたら、大学病院の規模が拡大し、関連する施設、所有地、さらには薬局をたくさん目にしたのである。わが家では、同じ町内ということで、夜間を問わず大学病院にお世話になった。あと10年もしたら、わが街もさらに変わっているのだろう、と再認識したのである。

萌え生じたフキノトウ

080321k.jpg


3月末、数年ぶりに近所を散歩してみました。これまでに、まだ歩いていなかった道にも入ってみました。栃木県と東京都内を行き来している長距離通勤は、それはそれで疲れもするのですが、四季折々の景色や季節感が気軽に楽しめるのでございます。

080321m.jpg


1時間30分ほど、自分でも驚くほどの発見がございました。フキノトウの群生には目を見張りました。「フキノトウ味噌にしたら美味しいだろうなぁー」と、少し頂戴したくなりましたが、土手や野原ではなく、人の所有地である農地(栗の畑)ですから、窃盗であることに間違いないのでこらえました。


2連勝の阪神タイガース

◎ オリックスから移籍してきた平野選手が好守で大活躍している。大型補強をしたオリックスの戦略転換が、阪神タイガースに想像以上の効果を与えている。控えに回った関本選手や桜井選手は、計算のできる戦力としてチーム力の厚さに貢献している。開幕以来、7勝1敗、完勝は1試合だけで、あとは接戦をきちんとものにしている。負けた試合も完敗ではなく、失点の少なさが際立っている。

dal.gif


◎ ピッチングスタッフでは岩田投手がいい。糖尿病のため、1日4回のインシリン注射をしているが、同じ病気の人たちに勇気を与えたいという気持ちもあって、昨日も見事な投球であった。私も初期の糖尿病である。ゴルフの練習程度では運動不足を補えないので、最近、金属バットを持ち出し、庭でこまめに素振りしている。ゴルフの練習より手軽だし、足腰の運動には最適なのである。

野球部員は練習中の水飲み禁止

080321b.jpg


◎ 今年の春の甲子園(高校野球)大会は、沖縄尚学が9年ぶりの優勝を飾った。そこで思い出すのが、一昨年までの上司であったYさんのエピソードである。当時の硬式野球部では、監督の方針として「野球部員は練習中の水飲み禁止」が厳しく言い渡されていたそうだ。Yさんが新入生のときは、もちろん球拾いをさせられるわけだが、それ以上に面倒で、うまくいかないと先輩からきつく叱られることがあったらしい。

080321a.jpg


◎ Yさんたち新入生は、お弁当用のしょう油やソースを入れるためのケースに、飲料水を入れ、練習前にグランド外の芝生や草むらに忍ばせておかなくてはいけない。そして練習が始り、炎天下、監督のノック等でくたびれ果てた先輩たちが、ボールを拾う振りをしながら、後輩たちの隠しておいた水を飲むのだという。このエピソードを飲み会で聞いたとき、居合わせた全員が唖然とさせられ、涙が出るほど大笑いになった。何とも涙ぐましい話ではないか、と豚のソース入れを見ながら思い出したのである。

チーム平均打率が3割を超えている…

dal.gif


◎ 「春の椿事」を言われるかも知れないが、セ・リーグ開幕前の予想に反して、阪神タイガースの安定した試合ぶりには喜びひとしおなのである。そりゃぁーもちろん、中日ドラゴンズの強さが群を抜いているけれど、ヤクルトスワローズもがんばっているけれど、計算できるJFKに加え、チーム平均打率3割を超えている今の阪神タイガースに死角はない。

◎ 現状では、昨年大活躍した桜井選手の出番はないが、これからの長丁場、絶対必要になるのだから、きちんと抜かりなく鍛えておいて欲しい。正直言って、今年はオープン戦を含め、まったくプロ野球どころではなかった。心に余裕のないまま、ふと気づけば3月になり4月になってしまったような感じである。公私ともに、少しは余裕も出てきたので、わが阪神タイガースをしっかりと応援していきたい。

カンデオホテル・菊陽熊本空港の室内

080327f.jpg


先週、私は仕事で熊本へ出張しました。2~3週間ほど前から、かなりのプレッシャーがありました。ほとんど未体験の仕事でしたから、不安で一杯でしたが、どうにかうまくいきました。ホテルの室内に入ったとき、屋上に大浴場と露天風呂があることにも気づかず、テレビを見ながら眠ってしまいました。

080327e.jpg


それでも、朝起きたときに気づけば、屋上の露天風呂へ入る機会もあったのですが、チェックアウト寸前になって「ホテルのご案内」で、部屋の風呂のほかに屋上にもあることを知ったのです。それだけ、与えられた仕事に集中できたとも言えるのですが、もう少し余裕を持ちたいものだ、とも痛感した次第です。

080327a.jpg

虹、桜、白い富士山

080401b.jpg


今朝の午前7時40分頃、小山・大宮駅間から西の空に虹が架かっていた。おそらく新幹線車中からあれほどの虹を見たのは、この16年間で初めてだった。眼下には桜の花が咲き、北風の強い朝らしく、左前方には白い富士山もくっきりと姿をあらわしていた。

今の時節、こんな景色に通勤のたびに出会えるとは限らないが、桜と富士山に加え大きな虹が見えるなんて、奇跡に近いトリプル・パノラマだった。「これは朝から運がいいぞ」と嬉しくなったけれど、それほど世の中は甘くない。

プロフィール

水元正介

  • Author:水元正介
  • 水元正介のブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。