スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

従姉妹の長男が連れ合いと一緒に来ました!

080829f.jpg
* 福島県の川中島桃です!

昨日、従姉妹の長男から「明日、あいてますか。栃木に引っ越してきましたので、遊びに行きます」というメールがありました。「来春に入籍する予定なので、ご紹介します」と、サプライズ付でした。

おかげさまで、本日は賑やかな楽しいわが家になりました。子どもの頃から知っている従姉妹の長男も30歳となり、福島から栃木に引越しをして「所帯を持ちます」とのあいさつを受け、嬉しさとともに、55歳という自分の年齢を再認識させられました。
スポンサーサイト

よく出来た名作は繰り返しに強い

★ 詩吟の漢詩にも言えることなのですが、映画の名作は繰り返し見ても見飽きることがなく、先日、テレビ放映された「ゴットファーザーPARTⅢ」もついつい最後のシーンまで見てしまいました。今回、一番印象に残った名セリフは…

金融とは拳銃のことで、政治とは引き金を引く決断のことだ

★ 対立するマフィアの親分の言葉ですが、厳重な警戒体制の中で、彼も自らのメガネのフレームで喉元を刺されて絶命しました。昨今の世界情勢や日本の動きをみていますと、金融と政治の認識において、あながち間違った定義ではないと思われますし、妙なリアリティさえ感じるのでした。

バットマン・ビギンズの名セリフ

080819p.jpg
* ハチが花から花へ飛び移っていました!

★ 先日、テレビで放映されたバットマン・ビギンズを録画しておきました。渡辺謙さんが、アカデミー賞の助演男優賞にノミネートされ話題になった作品です。受賞するには、余りにも登場した時間が少な過ぎますね。さて、バットマン・ビギンズの名セリフですが、それはいくつもありました。今回、私がイの一番の名セリフだと感じたのは…

アルフレッド 人はなぜ落ちるのでしょうか?

バットマン  ???

アルフレッド どん底から這い上がることを知るためです。

★ 最近、落ち込むようなことの続いた私ですが、バットマン・ビギンズで元気をいただいたようです。というわけで、バットマンの新作はカミさんと二人で劇場鑑賞する予定です。

Webの限界、やはり国語辞典は必要です!

080701e.jpg

★ 謙譲語の「そしそこう」をWebで調べたのですが、まったくヒットせず混乱してしまいました。そもそも「そしそこう」ではなく、「そしゅそこう」であったわけですが、もし国語辞典を開いていたならば、「粗(そ)」と「し」のページから確実に「そしゅそこう」までたどりつけたはずです。

★ アナログの強さ、国語辞典のパワーを再認識させられました。ちなみに、「そしゅそこう」は「粗酒粗肴」と書きまして、お招きしたお客様などへ「ささやかではございますが、お飲み物とお料理を用意いたしましたので、お召し上がり下さい」という謙譲語です。めったに使わない言葉ですが、完結明瞭な4文字熟語だと思います。

「泳げるの?」と聞いたら、このプールは飾りでした!

080814c.jpg

★ 先日、福島県のグリーンアカデミー・カントリークラブへ行き、当日0.5ラウンド、ロッジに宿泊して翌日1ラウンドのゴルフを楽しんできました。クラブハウスとロッジの真ん中が中庭になっており、小さなプールもありましたので、「泳げるんですか?」と従業員にお聞きしたところ、「いいえ」との返事でした。

★ テーブルや椅子、日除けのパラソル、スタンド灰皿があって、なかなかきれいな空間になっています。クラブハウス内禁煙なので、もっぱら「喫煙所」として利用されています。自分は、海水パンツの用意もしてこなかったし、別に泳ぎたくもなかったのですが、ちょっと「もったいないなぁ」と思った次第です。

ハチの写真がピンボケです!

080819p.jpg

★ 廃校の庭を眺めていたら、目の前の花にハチが飛んできました。太った丸っこいハチなのに、軽快に花から花へ蜜を求めて飛び移っていました。ケータイを構え、3度ほどシャッターを押したのですが、動きのある物にピントを合わせづらく、結果的にご覧のようなピンボケになってしまいました。

★ わが子はもうすぐ20歳になる男なのに、ハチが大の苦手です。実際に刺された経験もないのに、どんな小型のハチでさえも怖がります。私のカミさんは、ブヨに極端なほど弱く、この夏休みにも右足首を刺され、見るも無残なほど腫れあがりました。自分はハチ、ブヨにも強く、いわゆる「免疫力」があるので、妻子をみていると不思議な気がします。

初期の糖尿病よりもひどい物忘れ!

080814h.jpg
* もう少し過ぎると鶏頭の見ごろですね!

★ 本日の午後は半日休暇をいただいて、2か月に一度の定期診断をしてきました。前回に比べ体重は0.5キロ増の「69.5キロ」でしたが、最も大事な数値であるヘモグロビンA1cは、0.1ポイント減少し「6.1」でした。「習慣となっているスポーツに加え、もう1日分ほど運動量を多くすれば、なお改善が進むでしょう」と女医さんから指導を受けました。私は、相対的に頑張っているそうです。

★ しかし、問診の結果を聞いて安心したのか、受付に預けた保険証の受け取り、料金の支払いをせずに帰宅してしまいました。3時間ほど過ぎてから、ケータイの着信をチェックし、折り返しの電話をして、「あのー、保険証をお預かりしておりまして、それに料金の方も」と言われるまで、そのことに気づきませんでした。いやーっ、これじゃ糖尿病の治療より先に、物忘れ(中年性痴呆症)の治療が必要なのかも知れません。

ゴルフ場の4点セット

080812p.jpg

★ 画像の向かって一番右が、ボールを中に入れてクルクル回すときれいになる道具です。一般的には、きれいにしたボールを拭くためのタオルが付いています。その左が、ゴルフボールの形をしたスタンド灰皿です。かつてはゴルフ場の各ホールごとに、これでもかというほど、よく見られたものですね。

★ 向かって一番左が、網のゴミ箱でここにボールの箱とか、ペットボトルとか、たばこの空き箱などが捨てられています。その右は、出だしのホールにだけある順番を決める道具です。ステンレス製の棒が4本入っています。それぞれに1~4本の線が入っており、くじ引きの要領でスタートの順番を決めるのです。

カート乗り入れ可能なゴルフ場!

080814f.jpg

◎ 芝の育ちがいい夏場に限ったことなのですが、昨今、フェアウェイへの乗用カート乗り入れ可能なゴルフ場が増えています。ボールの近くまでカートで行けるというのは、歩かないでよい分だけ疲れにくいことに加え、フワフワした芝生の上をカートで走る楽しさがあります。

080814g.jpg

◎ この乗用カートはガソリンで走行するタイプで、原油高によるコスト上昇も気になるところですが、乗用車に比べれば原付自転車ぐらいの燃費でしょうから、それほどでもないと思います。というわけで、ここ数年のとりまく環境の変化によって、ゴルフのラウンドスタイルが欧米化してしまいましたね。それは、多分よい傾向なのでしょう。

山百合の毒々しさがいとおしい

080814k.jpg

☆ 福島県内のゴルフ場、休憩所裏手で山百合を発見しました。いやが上にも目を引きます。おしべめしべの粉っぽい感じも新鮮でした。

☆ 香りはそれほど強くないのですが、野に咲く百合のたくましさ、といった趣(おもむき)が気に入りました。ホント、真夏の花らしいですね。

カラオケルームのスロットマシンです!

080809o.jpg

★ 久しぶりにゲーム機としてのスロットマシンを見ました。3台とも、一般的なパチンコ店のスロットマシンとは、かなり趣が異なります。右手には、コインの数に応じた景品がガラスケースに並んでいました。おそらく、連休の時期とか、週末の混雑した場合の待ち時間用に設置されているのでしょう。

★ ゲーム機としての稼働率は良くないでしょうが、少しでも空いたスペースを有効活用しているものと考えられます。カラオケルームの業界も競争が激しく、生き残っていくためには大変な苦労があるはずです。日本で生まれ、世界に認知された「KARAOKE」は、これからどのような進化を遂げていくのか、栃木の地から観察し続けていきたいと思います。

グリーンアカデミー・カントリークラブ

★ グリーンの状態、フェアウェー、ラフまで、きちんと整備されたゴルフ場でした。ただし、バンカーの砂の量を追加して欲しいホールが数か所ございました。第1日目のハーフ(薄暮プレー)は混雑していたせいか、ホールごとに待ちが多く、時間がかかりました。それでも、この季節にしては暑くもなく、のんびりとラウンドできました。

★ 2日目も雲の多い一日で、快適にラウンドできました。前日は池で過ごしていたカモたちが、フェアウェーをヨチヨチと歩いて横断しようとしていました。「違う池に移動するなら、飛べばいいのに?」と思いましたが、実はカモたちの食事の時間なのでした。虫やミミズを食べていました。あれだけのカモを見ながらラウンドできるのは、ちょっと得をした気分になれました。

夏のゴルフに出かけてみます!

080701y.jpg

★ 休日の1時間、ゴルフ練習場で打ち込みますと、汗をかくだけでなく、体力の消耗度合いも相当なものでございます。この夏休み、福島県内でラウンドを予定しています。おそらく蒸し暑い中でのゴルフになることでしょう。

★ 集中力を切らさないようにして、これまでの練習の成果が出せれば嬉しい限りです。外へ出て、たっぷりの汗をかく機会は、なかなかないものでございます。陽射しを浴びながら、ナイスショットが打てれば、さぞかし気分も晴れることでしょう。

暑中お見舞いから残暑お見舞いへ

080809a.jpg

★ いよいよ旧盆を迎えます。帰省ラッシュの始まりですが、今年はガソリン代の高騰や諸物価の値上がりもあって、夏休みに遠出をする人たちが、例年より15%ぐらい減ると予測されています。わが国最長の好景気という時代も、庶民にとって何の実感もなく通り過ぎようとしており、節約の時代だと声高に言われています。

★ これ以上の節約は、と苦しい胸の内なのですが、家庭を守るにはいま一つの工夫も必要なのでしょう。というわけで、暑中お見舞いの時節から、残暑お見舞いの時節となりました。

氷のアイスを食べ過ぎました!

080809k.jpg

★ 私の一番好きなのが、井村屋の「あずき」のアイスです。他にも「あずき」のアイスはありますが、井村屋の昔ながらのバーアイスだと思います。夏になると、数本入っている箱入りのタイプを買っておきます。

★ すぐに、なくなってしまいます。私が食べ過ぎてしまうのです。統計的に、人は30度前後になると、「氷」系のアイスが欲しくなるそうです。赤城の「ガリガリ君」が、最大の消費量に達するのもこの季節です。

新小岩駅で千葉方面に乗車してしまった!

☆ 昨日の朝、カミさんの運転で上京し、私は新小岩駅から職場に向かおうと、ホームに着いたら電車がきたので、何の疑いもなく乗り込みました。しかし、乗ったあとに逆方面だと気づきました。

☆ まいりましたねぇ、これには。小岩駅のホームで、駅前の不二家やカレンという喫茶店を眺めていました。この頃、このようなケアレスミスが多いのです。気をつけなくてはいけません!

箱根の国際興業グループのホテル!

080801b.jpg

ここ数年、毎年のように湯本富士屋ホテルで仕事があります。去年は、帰路、ロマンスカーに乗り込む寸前で、財布を駅の窓口付近に置き忘れたことを思い出し、あわてて舞い戻り、幸い事務所に保管してあったので、事なきを得ました。今年は何事もなく、無事に帰ってこれました。飲み過ぎ、食べ過ぎに注意していたので、思ったほど体重も増えませんでした。今年は、来年の春に定年を迎える先輩と二人で、いろいろと思い出話をしながら、ロマンスカーでの時間を過ごしました。



中古のMDで、詩吟や三波春夫さんの曲を聴いています!

080801a.jpg

数年前から、丸っきり読書をしなくなりました。その代わりといっては何ですが、詩吟や演歌を毎日聴くようになりました。そのおかげもあって、詩吟の音階がつかめるようになり、今春からのスタートした詩吟教室で、とても役立っております。それから、演歌についてはどんどん時代が逆行し、現在のところ三波春夫さんの「長編歌謡浪曲」に夢中です。子どもからのお下がりのMDが、ついに故障してしまい、先日、中古のMDを買ってきました。定価2500円、毎日、大活躍してくれています。

福島県の虹です!

080728U.jpg

かすかに、虹の写っているのがおわかりでしょうか。季節は晩春、電柱の下には麦畑、今の時点では麦秋を過ぎ、すでに刈り取られているはずです。福島県あたりでは、たばこの栽培も盛んですから、8月ともなれば収穫の最盛期を迎えていることでしょう。葉たばこ栽培の一連の作業は、私にとって忘れられぬ夏の記憶です。

東京ドームでの野球観戦!

080720U.jpg

親戚の子どもたちが、東京ドームでプロ野球の観戦をしたようです。そのときの写真をメールに添付してきました。東京ドームもいいですが、私のような年代になると、往年の後楽園球場の雰囲気に未練がございます。とくに、私は阪神タイガースファンなので、江川・小林のトレードがあった年、後楽園球場で小林投手が巨人戦の初登板した日を思い出します。内野席から、小林投手の切れのいいスライダーがビシビシ決まり、2対1で勝ちました。時代はずいぶんと流れたものでございます。

四葉のクローバーと日の出!

080509U.jpg

私の従姉妹の長女は、四葉のクローバーを見つける名人のようです。おそらく、私は一度も出会ったことがありません。普段から意識していないせいもあるのでしょうが、見つける人は1年でけっこうな数を収集しているそうです。悩みのありそうな乗客に、四葉のクローバーをプレゼントしているタクシーの運転手が、テレビで紹介されていました。

080525U.jpg

まともな日の出って、この頃、ほとんど見た記憶がございません。毎日、朝日とともに活動し出し、夕陽に感謝して仕事を終えるといった習慣が、遠い遠い日常になってしまいました。テレビ朝日の「人生の楽園」ではないですが、私も田舎暮らしへの憧れが日に日に強くなってきているようです。

桜の季節、福島の鯉のぼり

080416U.jpg

携帯電話のメールを整理していたら、従姉妹の長女が添付してくれた鯉のぼりの写真がありました。満開の桜並木と、川の両岸から張ったロープに鯉のぼりが舞っています。実際に目の前で見たら、さぞ迫力があったことでしょう。以前、もっと小規模なものは、どこかの温泉街で見かけたことがあります。押入れに眠っていた鯉のぼりが、このような形で出番を迎えるのは、とても良い習慣だと再認識させられました。

電車とバスの博物館

080801p.jpg

先日、川崎市宮前区の宮崎台駅まで出かけてきました。久しぶりの大井町線はなつかしく、都合16年(二子新地12年、鷺沼4年)も暮らした沿線の景色は感慨深いものがございました。一人息子が生まれ、3歳まで育ち、今の時期だと鷺沼プールですが、徒歩3分ぐらいでしたから、よく家族で出かけたものです。

また、当時、高津駅にあった「電車とバスの博物館」には何度も足を運びました(入場料*は大人30円だった、と記憶しています)。現在の高津駅周辺は、まさに線路の両脇にマンションが立ち並び、あの頃とは様相が一変していました。そんな関係もあって「電車とバスの博物館」は高津駅ガード下から、宮崎台へ移設されたのでしょう。一瞬、入場してみようと想いましたが、別の機会の楽しみにとっておくことにしました。

* 現在の入場料は、大人100円、小・中学生50円、6歳未満無料です。
プロフィール

水元正介

  • Author:水元正介
  • 水元正介のブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。