スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曼荼羅(まんだら)様式に似た公園の掲示板

080924b.jpg

☆ 子どもの頃から、看板文字やポスター類に興味がありました。高校時代には、真剣に看板屋さんになろうと思っていました。高い場所が苦手であり、しかも赤緑色弱でもありましたので、やむなく断念いたしました。

☆ しかし、55歳を過ぎた今に至っても、ついつい面白かったり、きれいだなと感じたりしたものは、立ち止まって眺めたり、写真を撮ってきたりします。画像の曼荼羅様式の掲示板は、とてもセンスがいいと感心させられました。
スポンサーサイト

カビの出る米より、まったく出ない米の方が怖い!

☆ カビのはえた輸入「事故米」を工業用として農林水産省から安く買い取り、食品用に手を加えて販売した業者が、内部告発によって摘発された。経営首脳の責任のなすりつけ合いには、まさに人格と品を疑うような無残さだった。私はふと思った。まだ目に見えるだけ、カビのはえた米は安全なのかも知れない、と。薬物を用い、カビのはえない米だって、平気で流通している可能性があり、そっちの方がよほど怖いと思うのだ。昨今、「受動喫煙」という名の下に、目に見える害として、たばこが槍玉にあげられている。

☆ たばこは一定に年齢から、本人がリスクを覚悟しつつ、主体的に吸っている。風邪などによって、体調が悪くなれば吸っていても美味しくなく、ここ10年ぐらいの喫煙者率は著しく低下傾向にあり、吸える場所も限定され、少子・高齢化とも相まって、放っておいても減り続けるのに、県条例による規制とか、たばこを1箱1000円にして「税収入の増と国民の健康増進をはかる」とか、わかりやすい、目に見えやすい害への過剰な対策をとろうとしている。粉ミルクについては、かつての日本でも苦い経験をしている。人の手によって、容易に操作できやすい商品なのだろう。

☆ 日本の乳業農家は、つい最近まで過剰生産を調整するため、絞りたての牛乳を投げ捨てていたことを忘れてはいけない。粉にしておく、チーズにしておく、バターにしておく、といった備蓄には保管経費がかかるけれども、必要経費として考えるべきだと思う。この間の中国製食品、野菜などの問題が表面化したことにより、「食料の生産・流通・加工のあり方」が正常化し、農家や食品加工業者の経営が安定すること強く望みたいのである。

ちょっと、言動が激しくなっている!

080829c.jpg
※ ミスチルのCDジャケットである。

☆ この1週間で、2度ほど、自分の言動が過激になってしまった。別に後悔はしていないけれど、このテンションの高さは、周囲からみると、「調子に乗っている」と写るかも知れない。若い頃は、自分に対する誤解など、まったく気にせずに暮らせたものだが、これまでの10年ぐらいは静かに、戒めの日々を過ごしてきた。

☆ それが、どうしたことだろう。自然に、ためらいもなく、きつめの言葉がポンポンと口に出てしまったのであす。友人であるCafeさんはブログで、「調子に乗るな、波に乗れ」と書いていた。この微妙なニュアンスの違いを学びつつ、言い方の問題があったことを反省し、明日からの仕事にのぞみたいと思う。




お祭りの段取りに必要な木槌

080915c.jpg

☆ 私は木槌をまともに使ったことがありません。もっぱら金槌だけです。画像の木槌は、秋祭りの準備に用いられるようですが、おそらく木製のお神輿を組み立てたり、テントは張ったりするのに使うのでしょうか。たしかなことは判然といたしません。

080915a.jpg

☆ 東京都青山地区のお神輿は小ぶりですが、重厚さときらびやかさを備えていました。けっこうな重量もあるのでしょう。いざ担ぐとなれば苦労するのでしょうが、私は一度もお神輿を担いだことがありませんので、想像してみるだけです。

身体の左右バランス

080829k.jpg
※ カマキリも夜の散歩でしょうか?

☆ みなさん、体調はいかがですか。私のカミさんは四十肩が悪化し、毎日の散歩を始めました。身体の左右バランスが崩れているらしく、それを矯正しないと根本的な解決にはならないようです。「詩吟も体にいいよ」と口にしたとたん、「無理だから、絶対やらないから」と、キッパリお断りされました。

☆ たしかに、毎日歩くことが一番いいですね。「なんば歩き」をすすめてみましたが、「見た目が変」と却下されました。とは言いつつ、私も腕に覚えのある指圧で、腰・首・肩・腕のマッサージをして差し上げております。日頃の罪滅ぼしの意味もございます。すっかり「家から巣立った子どもの年に何度かの帰省を待つ」老夫婦の日々なのでございます。

拍子木(ひょうしぎ)の顔立ち

080915b.jpg

☆ どうやら拍子木は、「火の用心」とか「相撲」にばかり使うものではないことを知りました。お祭りには欠かせない道具らしく、お神輿の先導など、伝統的なアナウンス(お知らせ)をするようです。

☆ 拍子木に付いている赤と白のヒモも、粋(いき)な感じがいたします。拍子木は檜(ヒノキ)から作るのでしょうが、いかにも固そうで、年を経るごとに響きの良い音がするのです。

季節はずれの山吹の黄色

080915g.jpg

☆ 私は花卉の中で、山吹(やまぶき)の花が大好きです。郷土の福島では、ちょうど田植えの時節に花を咲かせますが、9月12日、秋葉神社の前の花壇で満開に咲いている山吹を目にしました。

☆ 都会のど真ん中に、黄色よりも鮮やかなヤマブキ色の花、深い緑の葉の中でひときわ目立ちます。私にとって、山吹は初夏の花であり、夏休み、お祭り、水遊びなど、毎日がせわしくなる予兆でしたから、今でも山吹を目にすると、心が落ち着かなくなるのです。

自宅でパッティング練習を再開しました!

☆ 惜しまれながら閉店するにことなった新橋の「わっかない亭」で、今月下旬にラウンドする話がまとまりました。今回のメンバーでゴルフをするのは、まったくの初めてですが、いやが上にも盛り上がりそうな雰囲気で、今から楽しみにしているのでございます。

☆ 「ゴルフは楽しければ、それでいい」とは申しましても、やはり自分のスコアが良いことに越したことはございませんので、とくにパッティングの練習だけはしておこうと思いました。ゴルフクラブを宅配便で送る前日まで、できる努力はしたいのです。

祭りのお神輿を近くで観察してみました

080915h.jpg

☆ 表参道はやっぱり秋祭りがありました。看板にそう書いてありました。秋葉神社の社務所が開いていたので、中を見てみました。

080915a.jpg

☆ 文字どおり、お神輿(みこし)が鎮座しておりました。そのほか、秋祭りに用いる諸道具がきちんと整理されて、準備万端のご様子です。

福島県産の「川中島桃」を食べ終えました!

080829f.jpg

☆ 桃1箱、ほとんど私ひとりで食べ終えました。冷蔵庫の機能が向上し、フルーツや野菜を良い状態のまま保存できます。

☆ 桃は柔らかいよりも、かたいぐらいが好きです。指で皮がスーッとむける前に、食べきることができました。ごちそうさまでした。

日暮という認印とヒグラシの死骸を拾いました!

080911omote03.jpg

☆ 表参道交差点付近の美化ボランティア活動に参加しました。大通りからちょっと路地に入ると、緑豊で閑静な場所がたくさんありました。ポイ捨てゴミは、それほど目につかなかったのですが、生垣の中や建物の間の空間などに、お弁当の器、おにぎりの包装材、空き缶が無造作に捨てられていました。

☆ 偶然の一致としては、真新しい「日暮」という認印を拾ったあと、セミのヒグラシの死骸を拾ったことです。思わず笑ってしまいました。街路樹の枯葉に、しがみついているようにしているコガネムシも拾いましたが、車道の隅から生垣の近くに移してあげました。秋晴れ、とてもいい汗をかけましたよ。

「ゆりかもめ」を「ゆりかめも」と誤記した理由!

syosuke06.jpg

☆ 最近、詩吟の題目「宝船」を練習しております。冒頭、今様で次のような和歌をやるのですが、その中にある「亀あそぶ」の印象が強くて、「かもめ」を「かめも」と書いてしまったようです。

鶴は尾上の松に舞い 四方(よもお)の浜辺に亀あそぶ

☆ この和歌は、「沖をはるかに見渡せば 大和島根をさし来る(きたる)」と続きます。「宝船」には七福神が笑みを浮かべながら乗船しており、私の父が墨絵で得意とする図柄でもあります。明年の「米寿のお祝い」に、私は親戚一同の前で「宝船」を吟詠する予定です。

お台場の位置関係について

odaiba080902.jpg

☆ 昨日、お台場へ出かける用事があり、ゆりかめもに乗車してみました。始発の品川駅から海浜公園駅までの料金が310円、往復で620円はJR・私鉄各線・地下鉄に比べて割高感がありました。橋を渡るときの景色は見事で、その景観料と思えば納得できます。

☆ それにしても、お台場は私の感覚でいうと、もっと違った場所にあり、品川駅からしばらくモノレールと併行して走行し、「こっちだよなぁ」と考えていた方向とは逆に曲がったりして、とても不思議な感覚なのでした。たとえていえば、時差ボケみたいに、体内時計が大幅に狂ってしまったような気分でした。

人間どもは、何やってんのよ?

080829k.jpg

自宅に戻ったら、通常番組の途中で福田首相のインタビューに代わりました。

日本のリーダーが、あっさり辞任してしまいました。
どうも、3世・2世議員は淡白なようでございます。

カマキリの住める場所も限られてきたけれど、頑張っているのですよ。
人間は、その知恵で地球の生物の支配者になったのに、
か弱いものなのですなぁー。

とくに、年々、ニッポンジンの気概や根性が感じられなくなりましたね。
もうちょっと、われわれを見習い、揺るぎない誇りと品格を見せていただきたい。
日本の政治状況は、かんりヤバイかも!

プロフィール

水元正介

  • Author:水元正介
  • 水元正介のブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。