スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

距離が長いという影響はあると思います!

090322b.jpg
* 長距離通勤には、コーヒーが欠かせませんね!

★ 先日、烏山城カントリークラブでゴルフをしてきました。ひょんなことから、まったくその気はなかったのですが、バックティでラウンドすることになりました。「距離は長くなっても、それほど変らないよ」と一緒にラウンドした先輩は申しておりましたが、自分にとっては大きな影響をもたらしました。コースコンディションは素晴らしく、速い本格的なグリーンも面白かったです。

★ 事前に、「けっこう難しくて面白いよ」とか、「井上誠一さん設計のコースだから、グリーンがてごわい」とか、「バックティでなんか二度としたくないと感じるほど長い」というお話しは聞いていました。実際に体験してみたわけですが、そのとおりでした。ここ10年ぐらいの中で、最悪のスコアを記録してしまいました。今年中に、もう一度チャレンジしたいと思っています。
スポンサーサイト

スタンド灰皿と自衛隊募集の看板!

090318o.jpg
* ゴミ箱化しているスタンド灰皿!

先日の夕方、JR宇都宮線の小金井駅東口でカミさんと待ち合わせました。まだ、カミさんが車で到着していなかったので、階段を降りた先の喫煙コーナーで一服しました。薄暗い場所にあって、真新しいスタンド灰皿であるにも関わらず、ポイ捨てゴミが目立ち、清潔感もなく、喫煙者以外は立ち寄りがたい雰囲気がただよっていました。たばこを吸う者にとって、もう少し明るく清潔なイメージの中で一服したいと思います。

そして、スタンド灰皿のすぐ脇に「自衛隊員募集」の看板が立っていました。この不況下では少し人気も出るのでしょうが、「自衛隊」のイメージは低空飛行を続けています。ローカル線の駅前に、スタンド灰皿と自衛隊の看板が仲良く並んでいるのは、たとえ偶然にしても、現代の世相を的確に反映しているような気がしました。

090318p.jpg

子どもが教わったコーチの本!

090318h.jpg

★ わが子は、大学のゴルフサークルに所属しています。たまたま、ゴルフスクールで小野寺誠さんからコーチを受け、それを機会に本を購入し持ち歩いています。私は、日本経済の現状や企業の採用予定などを考慮すれば、もっと勉学や資格取得に励んで欲しいわけですが、子どもなりに尊敬すべき先生を見つけ、懸命に学ぼうとする姿勢を評価しておこうと思いました。

★ 今やりたいこと、大好きなことに夢中になれる、そのことを大事にしてくれれば、やがて自分の心の中に大きな財産ができるはずです。将来、仕事や生活で困難に直面したり、悲しいことに耐えなければいけなかったりするとき、自らを支えてくれる、そんな目に見えない価値こそ、とっても大切な気がしています。

パッとしないコインランドリー

20090312h.jpg
* JR水郡線の磐城棚倉駅前にあるコインランドリーです!

この4月から、わが母校である棚倉高等学校が廃校になるそうです(正確には、東白農商高等学校との統合)。磐城棚倉駅は、棚倉高校がなくなることで、ますます閑散としてしまうことでしょう。逆に、手前の中豊駅が、統合後の修明高等学校によって、少しは賑わいをみせるはずです。

とはいっても、少子高齢化の急激な進行によって、2校をあわせてもさほどでないものと思われます。東白川郡の3町1村に、3つあった高等学校が2つになっただけのことです。田舎で生まれ育った自分としては、早急な地方の活性化を願っているところです。

すっごくゴルフに行きたいです!

090318h.jpg
* 小野寺誠さんのレッスン書です!

★ 左肩の突っ込み、右手を使っていないこと、体重移動の不足など、自分のスイングで修正すべき課題がわかり、ここ1か月ほど練習にとりくんできました。4月下旬にラウンドする予定はあるのですが、今月中にも1回ぐらいコースへ出たくて仕方がありません。

★ 毎日のスクワットによって、足腰がしっかりしてきたので、それに伴い肩の力が抜け、下半身主導のスイングができてきたようです。早く練習の成果を試してみたい、コースの狙った場所にボールを運んでみたい、思い通りのアプローチを決めてみたい、と思うのです。

新白河駅ホームの喫煙ルーム

20090312q.jpg

★ 改札まで、従姉妹たちに見送られ、ホームまで上がって喫煙ルームに入りました。あたたくて、しかも誰もいないので、しばらく詩吟の練習をしました。そのうち、乗客が入ってきたので、喫煙ルームを後にして人気のない場所を探し、新幹線が来るまで詩吟の練習をしました。

★ 新白河駅ホームの喫煙ルームの稼働率は、停車する新幹線の本数を考えると、かなり低いと思われます。高コストで、ある意味ではぜいたくな空間です。私からすれば、新白河駅のホームでは風通しもよいので、オープンスペースの喫煙コーナーで十分のような気がしました。

お彼岸の時節です!

20090312o.jpg

★ 昨日、福島在住で高校時代の同級生から電話がありました。「同窓会があるので、急な連絡で申し訳ないけど、来れる?」というお誘いでした。私は、先日叔父さんの告別式のために帰ってきたばかりで、棚倉高校が廃校になることも聞いたこと、同窓会の会長が詩吟の先生で一吟披露するこには興味があること、でも行けそうにないことなどを伝えました。

★ それから、Mくんとしばし近況報告をしたり、子育てのお話しをしたり、福島の言葉の響きがとても懐かしゅうございました。「ところで、自分たちの同級会の予定はあるの?」とたずねたら、「うん、今のところ予定はないけど、60歳の還暦には絶対にやるから」と申しておりました。ずっと先のことだと思っていた「還暦」が、5年先まで近くなっていることを再認識したのです。

新幹線停車駅以外では、耐震工事がいならい理由

090318n.jpg

★ 前回、JR小山駅(新幹線高架)の耐震工事の画像をご紹介いたしましたが、今回はお隣の駅である小金井駅の画像をお届けいたします。私は、「同じ東北新幹線の高架なのに、どうして耐震工事が施工されていないのだろう?」と不思議でした。同じ基準でコストをかけたら、莫大なお金がかかるし、かといって手抜きなら安全上の問題もございます。

★ しかし、何度か見ているうちに、「あっ、そうか。ここは東北新幹線の停車駅ではないから、停車の際に受ける衝撃(ブレーキ)と、発車の際の重みといった関係で、耐震工事がいらないのだろう」と納得したのです。高速で通過するだけの駅だから、重さや衝撃が停車駅よりもずっと軽減されていると考えれば、当然のことなのでした。

耐震補強後の姿、なおさら怖い!

090309d.jpg

★ 格安・欠陥マンション(偽装構造マンション)問題によって、住居のみならず、商業施設、学校、賃貸ビル、道路や線路などについても、耐震基準のクリアが求められるようになりました。JR小山駅の東北新幹線の高架線路でも、長期間の耐震化工事が行なわれました。

★ 駅ホームに隣接している部分は、きちんとカバーされているのですが、ちょっと離れた高架の柱は、ご覧のように太い鋼鉄の線でグルグル巻きにされています。なんだか、人間が骨折したときのギブスみたいで、かえって不安にさせられますね。

県立棚倉高校の廃校について

20090312g_20090316124411.jpg
* 母校(高校)の最寄り駅です。

★ 叔父さんの告別式会場へタクシーで向かっていたら、私の母校(福島県立棚倉高校)の近くを通りました。タクシーの運転手さんに、「今は何クラスぐらいあるんですか?」とお聞きしたら、「この3月で東白農商高校に統合されるから、廃校ですね。交通も不便だし、校舎の耐震問題とかもあって、壊すのにも費用がかかるので、このまま町で利用するみたいですよ」とおっしゃられました。

★ しばらくぶりに通学路を通ったというのに、「えーっ、廃校ですか!」と絶句してしまいました。女学校時代から通産すると、歴史の古い普通高校でしたが、進学をめざすには中途半端らしく、白河周辺の高校にかないません。かといって実業高校としては同じ町内に東白農商高校がございますして、来月からは、その高校が「修明高等学校」と名前を変えて新たにスタートするそうです。けっこう、さびしい気持ちになりました。

コンビニでの年齢確認体制について

090306a2.jpg
* JR東日本の駅ホーム、いよいよカウントダウンですか!

★ 昨夜、夕食のあとに散歩すると言って子どもに、「じゃ、たばこ買ってきて」と頼みました。先月、子どもは20歳になりましたが、たばこは吸いません。「マイルドセブンの6ね」と銘柄を指定したら、「マイセンの6ミリだね」と確認し、「一応、年齢確認されそうだから、免許証も持ってくよ」と言って出かけていきました。帰宅するなり、「いやー、嬉しいね。若く見られて。やっぱり年齢確認されたよ」と喜んでいました。

★ 私はもう少しで20歳になる頃、総武線の市川駅前の交番で、友人宅の住所を示し、道順をたずねたことがあります。用事が済んで交番を出ようとしたら、警察官から「そのポケットのハイライトは誰もものですか」と聞かれました。「もちろん、自分のものです」と答えたら、「身分証明証を出しなさい」と言われ、押し問答のあげく、「手で丸めて、捨てていきなさい」と命令された悔しい記憶がありました。

駐車場のネーミング!

090309e.jpg
* 小山駅のJRの駐車場です!

駐車場にも多様な名前がございますね。
トヨタレンタリースとか、外資系も含めて主要な駅前には必ずありますね。

小山駅周辺には、大手の駐車場が見当たりませんでした。
しかし、JRが遊休不動産活用の一環として駐車場を始めました。

そのネーミングがすごいのですよ。
駐太郎」だって!

あらためて新幹線はかっこいいと思う!

090303m2.jpg

何組かの人たちが、新幹線の先頭車両をのぞき込むようにして、ケータイやデジカメで写真を撮っていました。発車まで時間があったので、私もついつい一緒に撮影してしまいました。改めて近くで見ると、かっこいいものでした。画像の右が東北新幹線、左が東海道新幹線です。私にとってその違いは、たばこに関する寛容度合いです。その点では、東海道新幹線を圧倒的に支持します。ホームの喫煙コーナーもJR東海ではオープンスペースですし、JR東日本のように過剰な喫煙規制をしておりません。

090303m3.jpg

現代のパルテノン神殿ですか!

090303a.jpg
* 最寄り駅の駅前のモニュメントです。

★ 栃木に引越してきた17年前から、駅前にありました。石の質感によるのでしょうが、まだピカピカしています。規模は比べものになりませんが、ギリシャのパルテノン神殿のような造型だと思います。石のオブジェは100年ぐらい過ぎないと、味わいが出ないのでしょうね。雨や風にさらされながら、良さが増してくるのだと思います。

090303c.jpg

★ 石のモニュメントの右側の景色です。右の建物は公衆トイレで、その脇にスタンド灰皿がございます。私も時々立ち寄りますが、昨年、その灰皿に、チェーンで自転車がぶらさげられていたのには驚かされました。中央に見える木は欅(けやき)です。年々大きくなり、これからの季節には新緑を楽しませてくれます。

化粧品販売の電話撃退法について

20090223g.jpg
* 通販の大ヒット商品です!

★ 先日、夕飯の仕度をしていたカミさんは、電話がかかってきたので、受話器をとったところ、「奥様は、シミかシワのどちらが気になりますか?」と聞かれたそうです。それに対して、カミさんは「どちらも気になりますが、今はナベが気になります」と答えたそうです。そしたら、何も言わず、しつこくもせず、「どうも申し訳ありません」と電話をきってくれたとのことです。

★ それを聞いて、私は「うまい断わり方だね。とっさに出た答えとしては満点だね」と、ほめてあげました。とかく、電話によるセールスはしつこくて当り前なのですが、やんわりとスピーディに断わるのが面倒ですね。「シミもシワも気になるけど、今はナベが気になる」は、カミさんの名言として、長く記憶しておきたいと思いました。

20090223f.jpg

代々木公園と明治公園を間違えました!

090309k.jpg

★ どうも最近、ケアレスミスが目立ちます。先日、連合の2009春闘総決起集会に出かけてきたのですが、OBの大先輩に「メーデーと同じ場所ですよ。渋谷か原宿で降ればいいですよ」と教えておきながら、自分も明治公園と代々木公園を勘違いし、冷汗をかきました。

★ 大先輩は、いったん代々木公園に着いてから、私がケータイで連絡してもケータイを持たないので、たいへん心配をしましたが、無事に明治公園に来られておりました。自分も東京には早く着いて、原宿で下車、明治神宮の写真を撮るだけの余裕はあったのですが、間違いに気づき、あわてて明治公園に向かい、ギリギリに到着できました。念には念を入れよう、と痛感した次第です。

いくらでも眠れてしまう春の休日

090309g.jpg

★ 1~3月にかけて、睡眠不足が続きました。休日にはゴルフの練習も欠かさなかったし、近所の人たちとゴルフ場でラウンドもしました。気持ちも高揚していたようで、さほど疲れる感覚はなかったのですが、ここへきてドッと疲れが出たようです。

★ 春眠暁を覚えず、という漢詩(春暁)がございます。古(いにしえ)の人は、うまいことを言い残しているものですね。季節の移り変わりと、人の体調の変化を見事に表現していると感心いたしました。人だって、生き物の一つですからね。

右股関節を痛めたようです!

090303p.jpg
* 利根川の河川敷にあるゴルフ場です!
   新幹線車中から撮りました。柳が色づき始めています!

昨日、ゴルフの練習場へ出かけたのですが、右の腰(股関節)あたりに激痛が走り、思うような練習ができませんでした。3週間ほど、毎日、スクワットやシャドースイングを続けていたので、その疲労が蓄積されたようです。

トレーニングを持続していくのは、自分の身体と対話しながら、おおかつ「手を抜かず、少しずつ負荷をかけていく」ことが大事です。そのことを痛感させられました。やはり、私にとって慣れないことでしたから、もっと慎重にやろうと痛感しています。

ラブシャッフル(3月6日放送)は面白い!

20090306d2.jpg

★ ラブシャッフルは、いよいよ佳境に入った感じで、野島さんのスピードある展開と、緊張感に満ちたセリフが続出し、絶対に面白いと思います。そこで、ブラウン管式ではありますが、少々不鮮明はテレビ画面の画像をアップさせていただきます。

★ 玉木宏さんは、のだめの強烈な千秋先輩の印象が残っています。東北新幹線ホームにて、間近に拝見したこともございます。篤姫の坂本竜馬役は似合っていませんでした。今回の配役は新たな境地といったところでしょうか。玉木さんを正面から見ている女優、名前を記憶できないのですが、あやふやな女心を好演していると思います。

20090307d5.jpg

★ 松田翔太さんは実にいいですね。篤姫の14代将軍役もお見事でした。何といっても父親譲りの「男の色気」は、お兄さんにも負けないものがございます。昨日のセリフもバッチリ決まっておりました。

20090307d6.jpg

★ ちりとてちんの女の噺家役が印象的で、私は今回の配役に見慣れるまで時間がかかりました。才能のある俳優であることは間違いありませんね。

20090307d7.jpg

★ 故・竹下首相が蔵相時代に、ひょんなことから撮影の依頼があり、私は地方の議員さんたちをお連れし、大臣室で選挙用の写真撮影をさせていただいたことがございます。自民党の地方議員たちではなかったのですが、県会議員出身の竹下さんは、一人ひとりに議員さんと握手をしながら、懇切丁寧に対応していただきました。そのお孫さんですから、チャラチャラしているようでも、潜在能力は「半端ねー(ハンパネー)」と思うのです。今回も、きちんと、賢く、与えられた配役以上の魅力を発揮しています。来週も見逃せないですね。

メジロとウグイスを間違えそうになりました!

090305mejiro.jpg

★ 本日は肌寒く、朝からずっと雨が降っていました。20度を超えた日が続いたと思ったら、最高気温が10度を下回る日もあって、体調管理に苦労する時節です。それでも、春は足早にやってきます。昨日、西新橋に所在する「きかんし印刷」の前に南桜公園があり、早咲きの桜が咲き始めていました。桜の花をケータイで写そうとしていたら、緑色で目の輪郭に、くっきりと白いアイシャドーをしたような小鳥が枝に止まりました。

★ 桜の花芯にくちばしを差し込んだり、あたりを警戒したり、とてもせわしくしていたのですが、一瞬、私と目が合ったとき、とっさにシャッターをきりました。これほど間近に、「メジロ」を見たのは初めてです。私は、今日の午後まで「ウグイス」だと思っていました。とんだ間違いをするところでした。「それ、メジロじゃないですか?」とご指摘いただいた「はらぺこさん」、本当にありがとうございました。

ケータイのムービー機能

090303m2.jpg
* 画像右が東北新幹線、左が東海道新幹線です!

★ docomoのケータイでは、ビデオ機能を使って子どものゴルフスイングを撮り、再生もできたのですが、Softbankの910SHでは再生できないまま2年も過ぎてしまいました。私の詩吟の舞台でも、友人に頼んで撮っていただいたデータが保存されていますし、ゴルフの練習にも活用したいと考えているのですが、再生のボタンを押すと、「外部出力中です」という表示が出て、画面上での見ることができませんでした。

★ そこで、マニュアルを読み直そうと思ったのですが、これまたどこへしまったのかわからず、半ば諦めていました。先日、ケータイをいじっていたら、「設定」の中から「外部出力のOn、0ff」という項目をみつけ、それがOnになっていたのでOffに変更してみました。やっと見ることができました(一緒に音も出るようなのですが、それはまだ出来ません)。自分のゴルフスイングの欠点がよく理解できました。これからは、ムービー機能をどんどん活用していこうと思っています。

懐かしの日比谷公園なのです!

090303h.jpg
* 北側から日比谷公園に入ると、この建物がございます!

★ 3月1日、集合時刻より早く着いたので、何枚か写真を撮ってみました。子どもが小さかった頃、一緒に来たことがありました。時節柄、春闘関係の集会なのですが、じっと座っているような子どもではないので、会場から外へ出て、公園内を散策しました。

★ 池の鳥たちに、子どもがスナック菓子を与えていたシーンが、鮮明に思い出されました。あれから、10年以上も経ったことになります。あと5年も過ぎれば、私は定年退職ですから、東京へ出かけることもなくなるのです。努々(ゆめゆめ)時間を粗末にしてはいけない、と思いました。

さつまいもの次はカボチャでした!

20090223y.jpg
* さつまいもの蒸しパンです!

★ 先日、さつまいもの蒸しパンでの成功をふまえ、カボチャときな粉の蒸しパンに挑戦してみました。水分の多さ、砂糖や塩加減などについて、自分なりにわかってきたようです。ちょっとしたおやつを手づくりすることは、経済的なことばかりではなく、手軽ではあること、そして楽しさや美味しさの面でも実用的です。

★ 小麦粉を使った「早くてうまいおやつ」ということでは、亡きおおおふくろを思い起こします。男ばかりの三人の子どもへ、空腹感を与えることなく、手づくりのおやつを作ってくれました。今さらながら、そのありがたさに頭が下がります。そんなことも振り返りながら、小麦粉を使ったうどん、すいとん、おやつなどを、これからも作っていこうと思います。
プロフィール

水元正介

  • Author:水元正介
  • 水元正介のブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。