スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1~2週間ほど、ブログ更新をお休みいたします!

091118h.jpg
* 闘病中の父の墨絵です!

諸般の事情により、1~2週間ほどブログをお休みいたします。

毎日更新ができる日まで、しばらくお暇(おいとま)をいただきます。

                          (by 水元 正介)
スポンサーサイト

夕暮れのアウトレット(雰囲気はクリスマス)

091118q.jpg

◎ 佐野アウトレットができて以降、栃木県内には、大きなショッピングモールがたくさんできました。夕暮れ時にも関わらず、たくさんの人たちが訪れておりました。これじゃ、地方の商店街は県庁所在地だろうが、名の知れた街であろうが、ひとたまりもありませんね。広い通路には早くもクリスマスツリーが飾られ、私は片隅の喫煙コーナーで一服しながら、「もう年の瀬は近いんだなー」としみじみ思ったのです。

091118p.jpg

◎ 今年の冬のボーナスは、住宅ローンの延滞者が多数にのぼると予測されるなど、例年になく厳しい内容であると報道されています。那須アウトレットの雰囲気も、「慎重に、より安いものを十分に吟味する」ような雰囲気がただよっていました。私もショップをのぞいてみましたが、気安く欲しいものを買える気分にはなれませんでした。アウトレットでさえそうなのですから、デパートの売上げが急速に落ち込んでいるのも納得できます。ユニクロとニトリの「一人勝ち」は、果たして良いことなのでしょうかね。

091118t.jpg

せっかくの灰皿がゴミ捨て場に!

091118o.jpg

◎ 先日、私の最寄り駅前に設置されているスタンド灰皿が、「よくもまぁー!」と思うほどの有り様でした。昨今、携帯(ポケット)灰皿を持ち歩いている人が増え、たまった吸い殻をスタンド灰皿に捨てている人をよく見かけますし、ついでに、その他のゴミも捨てているようです。また、たばこを吸わない人たちも、空き缶や紙くずが手元にあると、ゴミ箱がわりにスタンド灰皿へ捨てていくのでしょう。「ゴミは家庭へ持ち帰りましょう」と言われても、これまでに身に付いた習慣はなかなか直らないようです。

091118m.jpg

◎ 原宿駅前ほどではないですが、スタンド灰皿の周辺にはポイ捨てゴミが目立ちます。公共の場が、ポイ捨てゴミによって汚されるのは困ったことです。相変わらず、たばこの吸い殻がたくさん落ちています。捨てる人が多いことにくわえ、お掃除が行き届かないという理由もありますね。どこもかしこも、経費節減の世の中で、公園のお掃除をする周期も長くなっているのでしょう。また、公園の芝生や植栽はきれいに整備されているのに、灰皿周辺だけにゴミが落ちているのは、お掃除の請負契約上の問題もあるのでしょうか。どうせなら、吸い殻も一緒に収集すればきれいになると思います。

誰もいない公園は孤独を増幅します!

091109g.jpg

◎ 20年ほど前に開発された住宅街も年月を重ねるうちに、子どもたちは成長し都会へ出て行きます。引っ越してきた当時は、週末や祝日ともなれば賑やかなものでした。堀田善衛さんの小説に「広場の孤独」という名作があります。先日、昼下がりの公園を散歩していたら、静まり返った公園に出ました。今では、子どもたちの喧騒とは程遠い環境になってしまいました。むしろ老人たちの多い街へと、急激に様相を変えてきています。しばらく、その公園で子どもを遊ばせていた頃を思い出しながら佇み、一人でたばこを吸ってみましたが、ちょっと味気ない感じがしたのです。「誰もいない公園は孤独を増幅させる」ものなのでしょう。

091109c.jpg

◎ 出来立ての街、真新しい公園には木製のスタンド灰皿が似合っていました。設置されてから、おそらく20年近く経っていますが、今や木枠の一角も外れたままになっています。公園を管轄する市役所としては、今さら修理したり、新しい灰皿と交換したりする可能性はありません。自宅近くにはほかにいくつか公園があり、以前はすべてにスタンド灰皿がございました。しかし、「健康増進法」が施行されて以降、児童の集まる公園の灰皿は壊れたら撤去する、という方向にあります。たとえ、灰皿を新しく更新しても、規制が強化され「撤去」にことが想定されますので、たばこを愛する自分としては、誠に残念なことではありますが、仕方がないのかと諦めの境地にあります。孤独な公園で、そんなことを考えた私なのです。

キュウイが甘くなるのを待っています!

◎ 先日、次兄の家から10数個のキュウイをいただきました。義姉さんによれば、「ビニール袋にリンゴと一緒に入れておけば、1週間ぐらいで甘くなるよ」とのことでした。リンゴを入れるのは、柿の渋抜きと同じ意味があるようです。

◎ 子どもの頃の柿の渋抜き体験で知っていますが、どうして、リンゴに渋抜きの効果があるのか、私にはいまだ理解不能です。かつてキュウイは珍しい果物の一種でしたが、今では庭先の棚でも育てれらるほど一般的なものになったようです。もうすぐ、リンゴで渋抜きしたキュウイが食べ頃です。

気づいたら、また歩きたばこをしていました!

091109kyoto02.jpg
* 京都市内の喫煙所です!

◎ 通勤時間の長い自分は、相次ぐJRの禁煙エリアの拡大に伴い、たばこを吸う機会が徐々に減ってきていることもあり、気づいたら自宅~最寄り駅までの「歩きたばこ」を再開していました(歩行喫煙禁止地区ではございませんが…。悪い習慣なので、すぐに止めようと思います。

◎ こうして、だんだん喫煙本数が減ってくると、たばこを吸うのは習慣のなせる技(わざ)でもありますので、習慣さえも変っていくようです。一定の時間を空けて吸わないと、たばこが美味しく感じられなくなりました。それは、いい傾向なのかも知れません。


「天地人」効果の狙いは当ったのでしょうか?

091112009.jpg

◎ 新白河駅前で、「天地人」のノボリが風に揺れていました。上杉藩の家老直江兼続の生涯がNHK大河ドラマになり、妻夫木くんの大ファンであるカミさんの影響もあり、私も毎週欠かさず見ています。新潟県や会津、山形県など縁(ゆかり)の地では、「天地人」放送の効果を狙って、各種のキャンペーンを展開しました。

◎ しかし、福島県の白河は関係がないと思っていましたので、画像のノボリには「ちょっとやり過ぎじゃないの」と感じた次第です。殿様よりも、それを支えた人物に注目が集まり、「天地人」の放映によって、豊臣秀吉や徳川家康は「根性の悪い人」という描き方がされていました。来週の日曜日、ついに最終回を迎えます。本当に1年の過ぎるのが早いですねぇ…。

自分の足の指は5本とも親父とソックリです!

091109q.jpg
* 父が入院している病院の木の実が熟していました!

◎ 私は、祖母の足の爪きりを何回もやってあげたことがあり、親指から小指まで、その形状をはっきりと記憶しています。とくに小指の爪は、あるようなないような、ひとつのかたまりとなって伸びてくるのです。なので、爪きりをするときには注意が必要でした。そして、自分の小指の爪がまさにそれと同じであることは知っていたのですが、先日、入院中の父の足をさわったついでに、よく見てみたら自分とそっくりでした。

◎ つまり、私の小指の爪は祖母とそっくりだったわけですが、正確に順序だてて申し上げれば、父譲りであったということです。子ども頃から、顔の表情は母に似ていると周囲から言われ、自分でもそう信じて疑いませんでしたが、一方的にすべてが母に似るのではないわけですね。そんな当然の帰結に、なんだかホッとしたような、「今さら何を言い出すんだ」的な、「お前たちは正真正銘の親子なんだ」的なことを再認識した次第です。

自分の手相は父譲りでした!

◎ お見舞いに行って、初めて父の手の平をじっくりと見ました。父の生命線はくっきりと長く伸びていました。そうは申しましても、来年の3月には89歳になります。病とたたかっておりますので、早く容体が安定してくれることを祈るのみです。

◎ 自分の手相は見慣れているものですが、初めて父の手相を見たら、ほとんど私の手相と同じでした。あれほど似ているのには驚きましたが、まさに親子の証明なのでしょうし、決して不思議なことではありませんね。

松尾芭蕉像が、また一つ増えた感じです!

091112012.jpg

松尾芭蕉作の短歌です。銅像の下にありました。
 
 心もとなき 日数重るまゝに
 白河の関に かゝりて 旅心定りぬ

奥の細道で登場する地では、松尾芭蕉縁(ゆかり)の地として、銅像が建てられてきたのでしょう。以前、新白河駅を利用したときにはありませんでしたが、余りにも殺風景な駅前でしたから、自分としては好印象を持ちました。

091112014.jpg

松尾芭蕉の像は、北ではなく太平洋(東)に向かって建っていました。白河の関のある方向ではありますが、奥の細道といえば北の方角なのではないか、と少し疑問を持ちました。そして、松尾芭蕉はもとより、日本の伝統文化に対する不勉強を再認識した次第です。

姪っ子と二人で初めて食事をしました!

091112007.jpg
* 白河のお城が見えました!

◎ 昨日は、東北新幹線を使わず、最寄り駅から在来線で白河まで行ってきましたが、いわゆる東北線(旧・東北本線)で白河駅まで行くのは、本当に久しぶりのことでした。新幹線を使う場合でも、なかなか本数が少なく、所要時間もさほど変わらず(東京までの通勤時間よりも少し短い)、料金も半額以下なので在来線にしたのです。父が入院している病院の送迎バスも利用できます。

◎ 帰りに、送り迎えをしてくれた姪っ子と白河市内で食事をしてから、新白河駅前でコーヒーを飲みました。二人で、いろいろなお話しをしました。当然ながら、私は子どもの頃から知っていますが、姪っ子が成人してから、大人同士で話すのは初めてでした。地縁・血縁が薄れてしまいつつある世の中です。誰が望み選んだわけでもないのに、「血がつながっている」ということの親しみや重みは、間違いなくございます。

東北線の白河駅舎です!

091112010.jpg

◎ 本日は、父の見舞いに白河へ出かけてきました。東北新幹線を使わず、在来線を利用してみました。中学・高校時代の白河のイメージからすれば、ずいぶんと静かな駅になっていました。姪っ子が病院の送り迎えをしてくれました。あらためて、「ありがとうね」と感謝しておきたいと思います。

◎ SUICAが使えないことにも驚きましたが、白河駅の中に売店がなくなっていたことには、もっとビックリさせられました。東北新幹線の新白河駅ができて以降、白河駅のポジションが急速に低下してしまったことを実感した次第です。

山形のいも煮、1杯100円!

091109k.jpg

山形のいも煮の大鍋が、福島県の白河に出張して来ました。私は初めて食べましたが、1杯100円にも関わらず、「うまい!」と感動の言葉が口に出ました。大ぶりに刻んだサトイモが、型崩れせず実にやわらかく、大鍋ならではの味が沁みこんでいました。

091109m.jpg

鍋の上から写真を撮ってみました。同じ材料であったとしても、家庭の鍋では絶対に出ない味です。量から質への転化、と呼ぶべきなのでしょう。大量の中に、「美味しい・旨い」へと革命的に変化する秘密があるのかも知れませんね。

JAしらかわの集客力について

091109d.jpg

11月8日(日)、白河農協まつりは大盛況でした。
お客さんであふれかえっていました。

091109i.jpg

つき立てのお餅も売っていました。
蒸かし立てのもち米を、つまみ食いしたものです。
杵と臼を見て、自分が子どもだった頃を思い出しました。
父が杵をつき、母が餅をひっくり返すのでした。
その母は15年前に他界し、父は現在、入院中です。

今朝は富士山が見えるでしょうか?

091101a11.jpg

◎ 気温の寒暖が激しく、体調を崩しやすい季節ですね。寒気が日本列島を覆ったとき、東北新幹線車中から雪を羽織った富士山が、とてもきれいに見えました。栃木から東京へ通勤していると、この時期とても困ります。けっこう気温が違って、着る物に迷うのです。

◎ 今年は衣替えが遅くなり、やっと昨日、クローゼットの入替えをしました。「釣瓶(つるべ)落とし」と呼ばれるほど、一気に日が短くなり、冬の到来となります。四季が巡ってくるのは、素敵なことではありますが、ちょっと面倒なのが難点ですね。

近づいて見ると、すごいと思うこと!

091101a05.jpg

あっ、たばこの自販機と飲料の自販機が並んでいる前に、スタンド灰皿があるぞ!

091101a04.jpg

誰だよ、吸い殻を入れるところに、ペットボトルを捨てたヤツは?けしからんなぁ!

091101a03.jpg

いやいや違うぞ!
たばこの火を消すための水が入っている!
たばこ屋さんの工夫なんだなー。

浜松町と田町との間にお稲荷さん!

091101a02.jpg

私はあと4年ほどで定年退職を迎えます。そうなると、栃木県から東北新幹線に乗って上京する機会が、極端に少なくなりますので、ちょっとした機会を見つけては都内を散策しています。職場の最寄り駅はJR田町駅ですが、先日は浜松町から山手線内側の線路沿いを、田町まで歩いてみました。

091101a01.jpg

都内には意識して見ると、けっこうお稲荷さんがございます。どこもきちんと清掃され、赤い前掛けをしたり、ピカピカに磨かれたりしています。お稲荷さん信仰、それは侮れない根強さで生き延びているようです。ビルの構造や道路の設計にまで影響を及ぼすほどです。



国民の健康を想うなら、がん検診の受診率向上が先決!

0925tb04.jpg

● 最近、鳩山首相は「健康への悪影響の面から、たばこ価格の引き上げもあり得る」と主張しています。一方、内閣府の調査によれば、がん対策の目玉である「がん検診」の受診が「3~4割」(過去2年以内に受診した人の数)にとどまっているそうです。

● 本当に政府として、国民の健康を考えるのであれば、たばこを吸う人たちだけを狙い撃ちするのではなく、少なくても年1回は「がん検診」を受けるような仕組みづくりが先決です。値下げ競争の時代にあって、嗜好品である「たばこの価格を2倍にする」というのは、いくらなんでも無茶苦茶ですよ。

サーティワンのアイスクリームを食べました!

091101a18.jpg

● 10月31日、カミさんとイオン真岡店へ買い物に行き、私は待っているだけだったので、「アイスクリームでも食べているよ」とフードコーナーに直行しました。フードコーナーとはいっても、サーティワン以外の店舗は撤退しており、たくさんの椅子とテーブルが淋しそうでした。偶然のことなのですが、31日は「サーティワンの日」ということで、かなりの割引になっていました。

● 通常だと500円近いダブル(アイス2個)が380円というお値段で、バニラとキャラメルの2個を美味しくいただきました。地元の人たちは、「サーティワンの日」を知っているらしく、老夫婦、カップル、家族連れ、女子高校生などで賑わっていました。ピンクのスプーン、ハロウィン図柄のコーン上紙を写真に撮りました。甘いものがとても美味しく感じたので、やはり糖尿病の数値が悪化していました。

1球1球、狙いを定めて練習しています!

091101a15.jpg

◎ 夢中で練習していると、3時間などあっという間に過ぎてしまいます。打ち放題の練習場でボールをたくさん打っているのは、もちろんコースに出たときに、安定したスコアをマークしたいためでもありますが、練習それ自体も立派なスポーツだと思います。

◎ コース上で、思いどおりのショットが打てたときの快感は、何とも言葉で言い表せないぐらい気持ちが良いものです。偶然や結果オーライではなく、思い描いたとおりのボールで、狙った落下地点に落とすことは、それなりの練習なしには達成できません。何ごとも、練習以上の結果は出ないものだと痛感しています。

打って打って打ちまくれ!

091101a16.jpg

◎ 1週間に2回、ゴルフ練習場の3時間打ち放題へ出かけてきました。基本に沿った繰り返しの練習をしています。最近は、腰を落とし、ウェッジを短く持ち、狙った地点に応じて振り幅を変えながら、100球ほど打つ練習も取り入れました。これは、膝の高さを変えずに、肩の回転で打つ良い練習になっています。

◎ 先日は、ドライバーの練習で、とにかく両内股に緊張感を持たせ、上半身の力を抜いて、腹筋や背筋の捻転だけで打つイメージの練習をしました。身体にはきついのですが、体重の乗ったボールになってきたようです。3時間で、最大700球、最小でも500球ほど打ちますから、この年齢(56歳)では疲れるのですが、やっとゴルフの本当の楽しさがわかってきたような気がしています。

初期糖尿病が少し悪化していました!

0925tb03.jpg

● 本日は年休をいただき、午後から近所の病院で定期健診結果を聞いてきました。あらかじめ1週間前に採血や採尿をしていました。それに加えて、本日は体重と血圧を測定し、主治医の女医さんからご指導を受けました。私の場合、1年1回の半日ドックだけでは限界があります。

● 「せっかく前回は数値が良くなったのに、今回は少し悪くなりましたよ。もうちょっとがんばって下さい」とのことでした。3年前の春、ヘモグロビンA1cの数値が「8」を超えていました。当時の気だるさはひどくて、「これはヤバイぞ」と思い、一定期間をおきながら検査しています。どうしても油断してしまうのです。改めて自分の弱さを痛感しています。

地べたを這うように菊が咲いていました!

09250021.jpg

● 一見、元気そうにしている自分なのですが、秋ともなれば意地悪な気分になったり、不平不満が心の中に燻ってきたり、仕事へのモチベーションが急降下したりするものでございます。年末を前に、この1年間を振り返ってみれば、「とても損な役回りで、やってられないよなー」とか、「オレって人が良すぎるのかなー」とか、バカバカしい気持ちになったりもします。でも、自分には好きなことや、やりたいことがあって、それが出来るだけで幸せなことじゃないかと言い聞かせ、ゴルフの練習を詩吟の練習をしたりしているのです。

● いくら自分では無心になろうとしても、余計なことばかり浮んできた土曜日、散歩をしていたら地べたに這うように咲く菊の花が目に入りました。元気をいただきました。ちょうど、地べたを這うように、ゴルフクラブを短く持ってスイングする練習をしているので、「よーし、しのごの考えないで仕事も趣味も、今の自分を信じてすすむしかない」と再認識したのです。悩んだり、イライラしている時間など、自分には与えられていないと思うしかありませんね。
プロフィール

水元正介

  • Author:水元正介
  • 水元正介のブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。