スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野駅前から東京スカイツリー

2012_030441.jpg

★ 公園出口からパンダ橋を渡ると、上野駅舎が前方に見え、その後方には東京スカイツリーの姿がありました。地図上での自分の位置確認については、東京タワーと東京スカイツリーのおかげで、方向音痴の私でもだいぶ正確になってきました。日々の散歩のなかで、微妙な誤差を修正しています。東西南北の感覚(方向感覚)は、目印の数をたくさん持ち合わせ、意識的に歩くことで磨かれると考えられます。

2012_030442.jpg

★ ゴルフの距離感、そしてコースレイアウトを覚えることにも通じることかな、と思っています。60歳近くになって、今さら言うのも何ですが、私は現実感覚の薄い人間です。自動車の運転免許は持っていますが、実際の運転をするには余りにも危険です。これから厳しい老後を迎えるにあたって、衣食住もろもろの現実感覚を少しずつでも改善していきたいと思います。
スポンサーサイト

西郷さんの周辺は工事中

2012_030437.jpg

★ 先日、浅草公会堂から御徒町駅まで歩き、東京在住の子どもと一緒にランチをしました。そのあと、不忍池から上野公園経由で帰宅しました。上野といえば、私にとって西郷さんの銅像が真っ先に思う浮かぶことなのです。40年も前に他界した友人は、西郷さんの銅像に向かって「資本家の犬め」と強い口調でつぶやいたんだよな。

2012_030434.jpg

★ そういえば、西郷さんと一緒にいる犬はどんな犬だったけ、とじっくり観察してみました。ブレイクしているソフトバンクの白いお父さん犬ではなく、精悍でスリムな和犬でした。犬は飼い主である西郷さんを見上げ、西郷さんは太平洋に大きな目を開き、遠方を見ていました。ときどき目線をかえて、西郷さんは、新名所である左手の東京スカイツリーも見てるのか。

見上げる迫力

2012_030430.jpg

★ 私はビルの工事現場のクレーン、六本木ヒルズ、東京タワーなどなど、首が痛くなるほど真上にカメラをかまえて写真を撮ることがあります。極端な高所恐怖症でしたが、意識的に高い所へ出向くようにしているので、少しずつ足がすくむような感覚は薄らいできましたよ。3月18日(日)、詩吟コンクールの地区予選でした。

★ 審査を受ける舞台に立ったのですが、慣れることはまったくなく、区民センターの舞台がとても高く感じました。見上げる迫力が、私は好きです。高い地点から見下ろす方が絶対にこわいですね。前後にやってくるジェットコースターは、もう二度と乗ることはないでしょう。

近くに寄ってみる大切さ

2012_030440.jpg

★ 私は毎食後の散歩を欠かさず続けていますが、マンネリ化することもなく次々と新鮮な発見があります。散歩コースの広がりによって、それまでは遠くから眺めていた建造物や木々、河川などが、まるで違ったものとして伝わってきます。

★ 例をあげると、寺社の境内に身をおいてみると、外から眺めた感覚とは異なりますね。対象物との距離をつめ、近くに寄ってみることが大切だと思います。小まめに出かけ、自分の足で移動する楽しさに気づけば、無理なくつづけられますよ。

隅田川の趣を味わう

2012_030429.jpg

★ 私は昨年末ぐらいから、三波春夫さんの長編歌謡浪曲「俵星玄番」の暗唱にトライし、ほぼ3か月で何とか覚えることができました。その間、隅田川の橋を渡ったり、川辺を歩いたりする機会にも恵まれ、「♪心墨田の川風よ~♪」のフレーズを実感させていただきました。

★ 東京スカイツリーという新名所を加わり、上野、浅草、錦糸町一帯が活性化してきています。「俵星玄番」については、人前で歌えるようなレベルではありませんが、「♪江戸は夕焼け灯ともしごろにぃ~♪」の「決闘高田馬場」を練習し始めました。私はますます急速に「江戸」「東京」が大好きになってきたようです。

詩吟コンクールでした

iPhoneから投稿してます。
会場係という裏方をしました。
自分の舞台は緊張したけど、okでした。
パソコンからじゃない投稿に慣れるのかな?
少しずつ、入力には慣れてきました。

寒風にも負けず

20120208s.jpg

日々の散歩は、ゴルフの感覚を磨くことにもつながるようです。
とくに風の強い日は、体がぐらつくとバランスを取ります。

自然に体が反応し、足腰にその感覚が伝わります。
今年の冬は寒いすが、散歩を止めようとは思いませんでした。
カミさんも呆れるほど、毎日毎晩、歩いています。

牛舎の屋根のスズメたち

20120208f.jpg

★ 自宅近くの牛舎にはスズメたちが棲みついています。雨露をしのげ、肥育牛の飼料のおこぼれが確実に期待できるからだと思います。牛舎には水場もあるので、飲みたいときに水が飲めますし、屋根裏には稲藁や干草が備蓄されていますから、産卵・子育てにも適しています。

★ 牛の飼い主など、人間がついているので外敵からも守られます。数えたことはないのですが、屋根にズラッと並んでいる姿は圧巻ですよ。場所を移動するときの群れ飛ぶ様子も感動的なのです。きっと立派なリーダー格のスズメもいるのでしょう。あれだけの群れを仕切っているのですから、たいしたものですね。

増上寺の入り口で感動しました

zozoji411.jpg

増上寺は茶室のある裏から入ることもできます。
高めの位置にある裏手からの正門の眺めは壮観です。
先日、正門でしばらく立ち止まっていました。

zozoji410.jpg

宮大工の技術が込められた立派な門構えです。
一つひとつに隙がなく、手入れが行き届いていました。
朱色が基調になっており心がシャキッとしますよ。

熊野神社のカラスのマーク

zozoji421.jpg

増上寺には熊野神社のエリアもありました。
お賽銭を100円入れてお祈りしてきました。
詳しく観察できなかったのですが趣のある空間です。

zozoji422.jpg

トレードマークが「3本足のカラス」でした。
日本サッカー協会の旗印になっているカラスです。
格好いいと思ったので写真を撮ってきました。

水子地蔵

zozoji420.jpg

あまり時間がなかったので足早に写真を撮りました。
これだけの水子地蔵が並んでいるのは見事ですね。
一つひとつの表情が異なり、衣装も様々です。

zozoji418.jpg

水子地蔵も多国籍化していました。
風車が冬の風を受けて回っていました。
あれだけ多いと、賑やかな雰囲気があります。
今度、そばを通ったら詳しく観察しようと思います。

お寺から眺める東京タワー

zozoji412.jpg

三田周辺にはお寺がたくさんあります。
聖坂からの東京タワーもきれいです。
お寺の境内から東京タワーを見るといい感じです。

zozoji415.jpg

大きな屋根や塔と一緒にタワーが見えるのです。
増上寺境内からもくっきりと見えました。
桜が咲いたら、なおさら美しいでしょうね。
今から、桜の季節を楽しみにしています。

仁王象の迫力

zozoji426.jpg

増上寺で近くから仁王象を眺めてみました。
足腰の構えを見ながら「鍛えているな」と感じました。
ゴルフはもちろん、詩吟も足腰のふんばりが大切です。

日本的な身体の骨格には迫力がありました。
私はきっと仁王象に近い骨格なのでしょう。

zozoji428.jpg

まったく現代の日本では少数派です。
でも、肩こりや腰痛とは無縁な身体です。
これからも足腰を鍛えて元気に長生きしようと思います。

芝公園から増上寺

zozoji425.jpg

★ 点で理解していたエリアはたくさんあります。長いこと東京都内勤務なので部分的には知っています。しかし、近場でも面としては認識していませんでした。その特徴的な事例が芝公園と増上寺と位置関係です。先日、芝公園を突っ切って浜松町に向かいました。そしたら、増上寺にぶつかったのです。なるほど、こうなっているかと目からウロコでした。

★ 田町駅から浜松町、芝公園・増上寺がつながりました。自分の足で歩くことがいかに大切かを痛感しました。何分でどこまで、という時間感覚もわかりかけています。これから春になったら、周囲を景色も変わります。途中での一服を含む散歩の楽しい季節になりますね。

歩道をテクテクしているカモ

20120208o.jpg

数羽のカモの歩く姿が滑稽でした。
私が近づいたら飛び立って池に着水しました。
カモはうまく飛べないという印象があります。

テレビなどで見るカモの多くは飛んでいません。
そのイメージが焼きついているのでしょう。
力強く鮮やか飛び姿でした。渡り鳥だもんね。

大門にある公衆トイレ

20120208P04.jpg

近所の散歩でもトイレの場所は確認しておきます。
60歳も近くなった自分ですし、立小便はいけません。
自宅近辺を含め困ったときはコンビニですね。

東京都内は、意外にも公衆トイレが充実しています。
お決まりのコンクリート建てが大半です。
しかし、大門の公衆トイレは一見の価値があります。
今度、実際に利用させていただこうと思っています。


増上寺から六本木ヒルズが見えました

20120208P02.jpg

5年ほど前、赤坂TBS付近から東京駅まで歩きました。
そのとき、東京都内は思っているより広くないと感じました。

おそらく新宿から東京駅まで半日はかからないでしょう。
春になったら、中央線沿いに歩いてみるつもりです。

ところで、増上寺と六本木ヒルズは同じ港区です。
初めて増上寺境内に入ったとき、当たり前のことに気づきました。

普段、意識していないと見えるものも見えないのですね。

陽当たりのいい場所には猫がいる

20120208unga03.jpg

今年は例年になく寒さがきびしく、しかも長期間に及んでいますね。
わが家の灯油消費量は、今年がダントツの一番です。
栃木県に居住して20年になりますが、こんなの初めてです。

20120208unga.jpg

3月も近づき、一時的にポカポカ陽気のときもあります。
先日、芝浦運河を散歩していたら数匹の猫たちがいました。
陽当たりの良い場所には必ず猫がいる確率が高いですね。

芝浦運河のストレッチができるベンチ

20120208unga04.jpg

★ 職場から徒歩10分ぐらいに芝浦運河があります。JRの駅でいうと田町から浜松町に至るエリアです。運河の歩道がきれいに整備されています。水辺の美しさについては案外知られていないようですね。私が40年前に上京した頃はひどい有様でした。スモッグの空、悪臭の河川が当たり前でした。

★ 雨水・生活用水・工業用水などの分離処理がすすみました。芝浦近辺の運河や海岸線が生き返ったのです。昼休み時、寒い今の時期でも憩いの場になっています。管理している側も様々な工夫をしています。ストレッチのできるベンチがありました。

私が毎日飲んでる野菜ジュース

20120208r.jpg

初期糖尿病対策として、間食が少なくなりました。
その分、野菜ジュースを飲むことにしています。

毎日、コンビニで買うと1箱105円です。
上三川のジョイフル本田では1箱63円ぐらいで買えます。

20120208r02.jpg

わが家ではまとめ買いをするようになりました。
食後の散歩(適度な運動)と野菜ジュースの組み合わせ。
3月中旬の定期健康診断では良い結果が期待できそうです。
プロフィール

水元正介

  • Author:水元正介
  • 水元正介のブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。