スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新幹線車中でiPadを使いました。

2012_0406ken0027_20120411095713.png

自宅では、Bフレッツの無線LANの環境でiPadを使っています。
買ったばかりの頃は、iPhoneの回線で使っていました。

それが、自宅以外ではインターネット接続ができなくなりました。
もう少し勉強しなくてはいけませんね。

なので、東北新幹線でiPadを使うときは「メモ」が中心です。
ナンバーやページの文書も加工したり、追加しています。
しかし、それらは同期化されないようです。

とにかく、まだまだ謎の多い「スマホ」「iPad」の世界なのです。
このゴールデンウィークで、集中的に勉強する予定です。
老眼鏡をかけて、目をしょぼしょぼさせながら……。
スポンサーサイト

仙台駅前の居酒屋さんにて

t2012_0410ken61.jpg

久しぶりに私はお酒を飲みました。
角ハイボールです。
おつまみは焼き鳥とか、煮込みとかでした。

カミさんは、味がイマイチと言っていました。
でも、私は満足でした。

料金や滞在時間、場所、お店の雰囲気など、
それらの総合して考えると満足できる内容でした。

画像の赤い灰皿は、使いませんでした。
たばこを吸わなくなって1か月半が過ぎました。

牛タンの美味しいお店に入りました!

23

☆ 仙台は牛タンが有名で、私も何度か「牛タン定食」を食べたことはありましたが、たまたま入ったお店「たかせ」の「牛タン定食」が一番美味しかったといえます。さっぱりした薄味の「テールスープ」も付いていました。麦ご飯とお漬物も美味しいです。

☆ お値段は1580円と手ごろ、満足度の高さからすれば割安感があります。このお店にも楽天イーグルスのカレンダーや選手の写真、サインがたくさんありました。阪神タイガースファンである自分としても、納得の店内風景でした。

初めてのネットカフェ

08

☆ 1軒目のネットカフェはビルの2フロアを使い、禁煙フロアと喫煙フロアに分けていました。私は、すでにたばこを吸っていなかったので、禁煙フロアを利用してみました。12時間で2500円でした。20分という制限はありましたが、シャワーも使えました。

11

☆ もう1軒のネットカフェは、12時間2300円で限定メニューですが軽食付きでした。60歳近くなって、ネットカフェを利用するとは考えていませんでしたが、想定していたよりも快適であり良い勉強になりました。

80

甘くないかりんとう、だんだんくせになる

05

カミさんの生まれる育ったところが、3.11東日本大震災で甚大な被害をうけました。

卒業した小学校が悲し過ぎる姿のまま、手前のふプールとともにありました。

あのかりんとうが食べたい、とさかんに口にしていた「かりんとう」がみつかりました。

仙台市内のスーパーの入り口に、山積みになっていました。

長く故郷を離れて暮している者にとって、味の記憶は絶対的なのですね。

私もいただいてみました。甘くないかりんとうに、初めは違和感ざありました。

食べているうちに、これは実に美味しいお菓子だと感動しました。

屋形船と桜とモノレール

15

芝浦の公園をさらに海岸へ歩をすすめた。
運河の橋の上で、後ろ向きに振り返る。

前面に屋形船がつながれ、公園の桜が広がっている。
その上からモノレールが羽田に向かってやってきた。

何とも重層的で、都会らしい景色なのだろう。
都会のこんな一瞬が、とても好きなのです。

JR線路脇の公園にて

13

◎ 田町駅周辺の線路脇には各所に小さな公園があり、そこには必ずといってよいほど桜の木がある。私たちは桜が大好きだから、咲き出すのを待ち焦がれ、毎年、桜の開花が全国的なニュースになる。今年は、東京の開花宣言をする桜のそばで奉納吟詠をした。

2012_0410kenb0092.jpg

◎ お昼時、桜の咲く公園でランチを取る勤労者が多い。老若男女、コンビニ弁当や手作りの弁当をひろげている。夜の花見に向け、ブルーシートで場所取りする姿も恒例になっている。昨年は3.11で自粛されたから、今年の花見はなおされ賑やかにみえる。

都市化の中に古き商店があった!

7

☆ この画像はモスクワでありません。今年、4月6日(土)の仙台市内にある病院からの眺めです。寒かったなぁ、あの日は。予想して厚着して行ったんだけど、まさか雪が降るなんてね。寒いわけですよ。

9

☆ 翌日は晴れ、うって変わって暖かい一日でした。昼時に病院の周辺を散歩したら、真新しいマンション群の中に、お米やさんや飴やさんが目に入りました。後継者はなさそうですが、いい趣のお店だとシャッターをきりました。

0

ABABでダーバンのスーツを買った友人

20120305P26.jpg

★ 3月4日(日)、自然派ビュッフェ「大地の贈り物」御徒町店に初めて行きました。90分食べ放題のバイキングは、ドリンクバー付で大人一人1800円(土日祝日以外は1500円のクーポン有り)、親子でお腹いっぱいになりました。栃木にも似たようなレストランはありますが、1980円と少し高い料金なので、メニューを含め「大地の贈り物」のお得感と満足度は高いといえます。

★ 「大地の贈り物」を出て、前方を見たらABAB(あぶあぶ)が目に入りました。先月(2月)、久しぶりに会った鹿児島在住のTくんが就職を決め、「スーツを買いに行くから付き合ってくれ」と言われ、一緒にABABの紳士服売場へ入ったことを思い出しました。たしか、Tくんは当時流行していた「ダーバン」のスーツを買ったのです。何なともあれ、上野周辺には思い出がたくさんありますね。

桜咲く芝浦の公園

20120405_0119.jpg

昼休みの散歩コースは、時節によって変えている。
最近は、どこも桜の花が見ごろだった。

2012_0406ken0032.jpg

泉岳寺、芝公園、増上寺いずれも絶景でした。
そして先日(4月12日)は芝浦方面に行った。

38

強い風で桜は散る速度を速めていた。
それも味わい深く、いい眺めだったのである。

米の入っていない俵

20120305P24.jpg

★ 子どもと入ったランチバイキングのお店で、米の入っていない俵がずらっと積んである光景を目にし、の三波春夫さんの「俵星玄蕃」の「♪俵崩しの極意の一手ぇ~♪」というフレーズを思い出しました。元来、米俵は60kgの重さがありますので、それがびっしりと積まれていたら、テコでも動かないものとされていました。それを槍の極意で崩すことの出来る達人が、俵星玄蕃なのです。

★ 自然派ビュッフェ「大地の贈り物」は、食器類を含め店内の雰囲気にも統一感がありました。同じフロアの別のお店と通路でつながっており、トイレと喫煙場所は共用になっています。その通路に小型の米俵が積んであったのです。それを見て、手で触れた子どもは「あの俵に米は入ってないよ」と私に教えてくれました。子どもなりに興味があったのでしょう。

阪神タイガースの2012年はいいスタートです!

5

☆ 昨年の阪神タイガースはBクラスの結果となり、真弓監督から和田監督に代わりました。戦力的には大型の補強もなく、「今年はどうしたものだろう」と受け止めていましたが、いいスタートをきることができました。先日、仙台市内を散策していたら、東北楽天イーグルス関連の露出度は抜群ですね。

☆ そんな中で、虎屋横丁という看板を見つけ、阪神タイガースを思い出しました。地元にプロ野球チームがあるくらいですから、4月13日、仙台の居酒屋でも野球中継(巨人対阪神戦)を放送していました。阪神タイガースが、きっちりと完封勝ちをおさめた満足すべき試合が見られて良かったです。

一風変わった電話ボックス

20120305P17.jpg

★ 浅草公会堂の手前にある電話ボックスは、メタリックな造りで初めて見ました。街灯も同じ作者によるデザインのようで、近未来小説を映画化した感じなのです。黄緑色の公衆電話は、ケータイ電話の急速な普及とともに激減しました。

20120305P19.jpg

★ 街で必要なとき、探すのに大変苦労するほど少なくなりましたが、世界各国からの観光客も多い浅草には、国際電話対応の公衆電話のニーズが高いのでしょう。それにしても。すごい形をした印象的な電話ボックスですよね。

葵丸進の看板

20120305P14.jpg

★ 3月4日のイベントへ参加した帰りに、昨年のバス旅行で昼食をとったてんぷら屋「葵丸進」の前を通りました。お店の場所の記憶が少しずれていました。雷門に向かって右と思っていましたが左にありました。店頭の看板を見上げたら、格好良かったので写真を撮りました。

★ ちょっとお値段は高いけど、分厚い「かき揚げ」の天丼を食べたいなど思いました。当日も日曜日の昼時でしたから、たいへんな人出でした。浅草の根強い人気を再認識させられるとともに、浅草の路地から間近にスカイツリーが眺められるので、ますます人気が高まることでしょう。

下谷神社の真っ赤な鳥居

20120305P12.jpg

★ 先日、上野浅草口から浅草公会堂に向かって歩きました。赤い鳥居は、どちらかといえばお稲荷さんの小さなタイプを思い浮かべますが、下谷神社の真っ赤な鳥居は、通りをまたいだ歩道からでも、けっこうな大きさでした。その日は、境内に入る時間もなかったので、写真だけ撮ってきました。

★ 次の機会には参詣し、ゆっくりと観察してくるつもりです。上野駅から浅草寺まで、途中には仏壇屋さんが立ち並び、横に曲がるとかっぱ橋道具街もあります。上野、浅草方面は、名所旧跡はもとより、美味しい食べ物を含めて、私にとってまだまだ未開拓エリアなのです。

亀のオブジェ

20120305P08.jpg

★ 私の散歩コースの一つである亀塚公園で、コンクリート製の亀を見つけました。2匹いますが、風雨や子どもたちの手荒い扱いによってなのか、少し色あせています。

★ 傷みがあっても、頑強なコンクリート製ですから、しっかりと公園のなかで存在感を示していました。いずれ色を塗り直すのだろうけど、今のままでいいかも。

紅梅とふきのとう

20120305P06.jpg

★ 今年はとても寒かったので、梅と桃、そして桜の花が一緒に咲く地域も多いと思います。三つの花がそろって咲くから「三春」、福島にはそんな町があります。しだれ桜でも有名ですが、福島第一原発事故の非難エリアに近く、その影響は今も暗い影を落としています。

20120305P07.jpg

★ 職場から徒歩10分の高台にある公園では、3月初旬に、紅梅とふきのとうが満開でした。季節がくれば花は咲く、という当たり前のことが心に癒しをもたらせてくれますね。許されるなら、ふきのとうの花が咲く前に摘んで、てんぷらやふきのとう味噌にして食べたいものです。

下弦の月

20120305P01.jpg

★ 画像はふくらんで見えますが、実際はスマイルマークの口のような細い三日月でした。昨年の秋頃から、夜空を意識的に見上げ、星座や月の動きに興味を持つようになりました。とくに自分の知識不足なのでしょうが、月の変幻自在さは不思議そのものです。

★ 私自身の心の有り様とも、共鳴し合うような気にさせられるときがあります。「月見バーガー」というチープな食べ物までありますし、詩吟においても月はたくさん登場してきます。もっと勉強しなければ、と痛感させられています。
プロフィール

水元正介

  • Author:水元正介
  • 水元正介のブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。