スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今この時を愛しく想う!

★ 3・11で犠牲になられた方々に黙祷をさせていただきます ★

★ 先日、ある業界紙にジェームズ三木さんのインタビューが掲載されていました。そのなかで、何でも健康第一とし、体によいといわれることには金に糸目をつけず行う世の中になってしまったが、生きること自体が体に悪い、と述べていました。私は深く共感しました。

★ また、「大事なのは、いかに朗らかに人生を全うするかということ。生きる目的は生活向上ではなく『楽しい』ということ。それが健康=人生の充実」とインタビューを締めくくっていました。私たちは、いろんなリスクをかかえて生きているのですから、今この時こそが大切だと、あらためて思わされました。
スポンサーサイト

恩師の言葉/たくさんの「頑張って」を耳にして

☆★ 前回のS先生に続き、K先生からの言葉です ☆★

60 年という歳月は、短いようですけれども本当に長い年月でございますね。

それを皆様 方が頑張って還暦をお迎えになられ、この場を準備された役員の方も本当にご苦労様でご ざいました。
これからも頑張って、まだまだ長い人生ですので、80、90 、100 歳までも頑張ってい ただきたいと思います。
私も、こんな身体ですけども、去年の 11 月で 86 歳になりました。

それ で、お招きいただいても、こんな格好でなぁと思いましたけれども、皆様方の元気なお 顔を見たいと思いまして、頑張ってやってまいりました。

皆さんはこれからも頑張って、町のため、わが家のため、子孫のため頑張って下さい。
本日は、本当にありがとうございました。

恩師の言葉/還暦祝いに寄せて

☆★ 今年の2月、還暦祝いの同級会で恩師が述べられた言葉です ☆★

健康増進のため、マイクを使わず肉 声でお話しをさせていただきます。本 日は還暦をお迎えになられ、誠におめ でとうございます。そして、この席に お迎え頂き、誠にありがとうございま す。あのぉ、還暦って何だっぺなーと 思いましてですね、簡単に調べてきた んですけども-----。

還暦とは、60 歳を祝う言葉でありまして、生まれた年の干支(えと)が一巡するんですね。 例えば、「戊辰」は「ツチノエ・タツ」となるんですね。続いて、70 歳を祝う言葉でありますが、杜甫の漢詩に「人生 70 古来稀なり」という一 節がありまして、そこから「古」と「稀」をとって、「古希(こき)」と呼ばれるようになっ たそうですね。

それから、77 歳を祝う言葉は喜の略字が「七十七」に似ているところから、「喜寿」に なったそうです。さらに 3 年たつと、傘寿(さんじゅ)という 80 歳を祝う言葉がありますね。 傘の略字が八十に似ているからだそうです。

そして、ご存知の方も多いと思いますが、88 歳を祝う言葉もあって、米を別の書き方で 書けば、八十八に似ていることから「米寿」といわれるようになりました。90 歳を祝う言 葉もありまして、卒の略字が九十に似ているので卒寿(そつじゅ)というわけですね。さら に、上には上があって、99 歳を祝う言葉は百から一を引けば「白」になるので、白寿にな りました。

自分が記事を書く意味合いについて

先日(2012.10.5)飲み会について、いちど音声入力したものがあったのだが、間違って消去してしまった。それと同じようなことをもう一度音声入力してみたら、より進化した広がりをもって、音声入力ての文章ができあがった。何事も無駄ということはない。いちど書いたものを何度も消して描き直すこと、それは何が大事なのかということを鮮明にしてくれるのである。

音声入力しては消去し、何度も何度も文章を作っていくことが、そのプロセスこそが最も自分にとって大事なことだと思う。消去してしまって、思い出せないようなことは、あまりたいしたことはないと判断したほうがいい。音声入力による文書作成については、しゃべることの上達にもつながるので、音声入力したメモをためていくことが目的ではない。

福島で還暦祝いを兼ねた同級会!

今年は還暦なので、同級会のお誘いが届いています。一つは小学校の同級会、もう一つが高校の同級会です。今からそわそわしたり、気恥ずかしかったり、複雑な気持ちを抱えつつ、とっても楽しみにしていました。すでに、2月の同級会はたいへん盛り上がり、無事におわりました。私は二番手のカメラ担当として、画像を整理し地元の同級生に送りました。

来たる8月には、同じ趣旨で高校の同級会が予定されています。統合され残っていません。昨年末、テレビで阿部寛主演の「麒麟の翼」を見ていたら、「元気な頃に交わした約束なんて、何の意味もない」「死んでいく者のメッセージをけとるのは、生きている者の義務である」というセリフが強く印象に残りました。自分が子どもの頃に口にした夢、約束の検証、そして親を亡くす年代に至り、「60年、夢の如し」です。
プロフィール

水元正介

  • Author:水元正介
  • 水元正介のブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。