スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『希望の資本論』その21/完

『希望の資本論』その21/完

【171ページ】

ピケティ グローバルな解決法はないと思います。欧州、中東、アフガニスタン、中国といった地域ごとに解決をはかっていくことになるのでしょう。もちろん、すべて相互に関連はしているのですが、民主的な闘いや社会運動の在り方は同じではありません。佐藤さんはフランスの連続テロ事件に言及しましたが、「現状が極めて深刻だ」という見方には完全に同意します。フランスでは2015年末に地方選挙があります。国民戦線が国政レベルで権力を握るとは思いませんが、多くの地域で勝ち、議会で多数を占めることはあり得ます。これは大きな政治的ショックを与えるでしょう。~。
私たちは政治共同体をより大きくしていかなければなりません。中東諸国の国境は(欧州列強の)植民地開拓者たちによって恣意的に引かれた。その一部は取り消されるべきです。きわめて平和的に、というわけにはいかないかもしれませんが、そうなっていくでしょう。

(終わり)
スポンサーサイト

『希望の資本論』その20

【170~171ページ】

佐藤 ~、近代的な載争をしたのは1904~05年の日露戦争が最後でした。25年も戦争をしていない軍隊は完全に官僚化し、紛争の本当の怖さが分かりませんでした。そして2回ほど、大きなクーデターの試みがありました。クーデター自体は失敗しましたが、政治家も民衆もその再発をあまりにも恐れ、全体主義的なシステムになってしまいました。
残念ながら、21世紀の今、そういう時代に郷愁を感じている人が出てきています。「日本人は非常に優秀な民族であるから、問題は一挙に解決できる」と信じているのです。
近い将来、日本にもナショナル・フロント(国民戦線)ができると思います。それと同時に、いわゆる「イスラム国」(IS)のように、革命のような形で「宗教によって一挙に平等を実現したい」と考える人も出てきています。「ドラスチックに物事を変えてしまおう」というこのような考え方に対して、どうやって対応していけばいいと思いますか。

* 民主的な選挙制度
明治憲法下では、衆議院議員は納税額に応じた制限選挙で選ばれていた。1925年に25歳以上の男性に選挙権が与えられ.男性の普通選挙が実現した。女性の選挙権が認められたのは載後の45年。

* 国除的な経済情勢の悪化
日本国内では1920年代を通じて不況が続き、関東大震災後の21年には銀行の取リ付け騒ぎが相次いで金融恐慌に。29年に米国で始まった世界恐慌のあおりで昭和恐慌も起き、深刻なデフレに陥った。
(つづく)

『希望の資本論』その19

【169~170ページ】

佐藤 私は、官僚に巨大な椛力を握らせると、かつてのソ連や東ドイツ、ナチス・ドイツのようになる危険があると心配しています。

ピケティ 佐藤さんが言うように、超国家的な官僚機構は危険かもしれません。ただ、私の結論はこうです。
巨大な政治共同体を組繊するのは確かに難しいのですが、今日の世界では、小さな政治共同体として生きていくことも難しい。どちらかの困難を選ばなければなりません。
巨大な政治的共同体をつくれる可能性はあります。EUは、政治的な統合をより進めていくべきです。その国だけの利害やナショナリズムを超えて、民主主義がうまく機能するようにモデルチェンジすることはできる。そうすることで、グローバルな金融資本主義を、民主的な手法によって規制できるのです。
欧州の場合、各国の議会をペースにした、新しい形の民主的な議会をつくる必要があります。各国議会の主権をベースにした、欧州議会の主権をつくり出すためです。複雑な作業ではありますが、民主主義をモデルチェンジする手法を繰り返し考え抜くことは、民主主義が再び資本主義をコントロールできるようにするための、たった一つの選択肢なのです。マーケットも民主主義も信じられなければ、何が残るというのでしょうか?
(つづく)
プロフィール

水元正介

  • Author:水元正介
  • 水元正介のブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。