スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仰向けになって、詩吟の練習をしてみた…

200601o.jpg


○ 数年前から詩吟教室へ通うようになって、漢詩や和歌と親しむうちに、日本的な美への興味が強くなったようだ。スーッと通り過ぎていた庭園の眺め、ひっそりと咲く花などが意識せずとも目に入ってくる。不断からそこにあるにも関わらず、まったく見えていなかったものが、詩と向かい合うことによって見えてくるものがあるのだ。

200601d.jpg


○ それにつけても、詩吟の世界は奥深いものだと痛感させられる。いくら練習を重ねても限界というものがない。先生からは、たかだが4~5年でしょうと言われる。本当に死ぬまでが修行ということなのだろう。昨夜、風呂上りに、仰向けになって詩吟の練習をしてみたら、いかに自分の声が吟声になっていないのかを確認できた。その苦しいことったら、一吟だけで息がゼイゼイしてしまった。深みにある、いい声はいつになったら出るのやら…
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

詩吟詩吟(しぎん)は、日本の伝統芸能の一つ。漢詩や和歌などを独特の節回しで吟ずる(歌う)。吟詠(ぎんえい)、吟道(ぎんどう)とも。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

水元正介

  • Author:水元正介
  • 水元正介のブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。