スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『希望の資本論』その16

【149ページ】
池上 『資本論』を読むと、実は資本主義によって労働者たちは鍛えられ、能力が開発されていく、あるいはそこで労働者が団結する、そういう組織化する力もついてくるんだということも言っている。資本主義はそういう労働者を育てるというところもあるんですね。資本主義がすべてダメというわけではないということを、実はちゃんと書いてあるんです。

佐藤 それから9年の義務教育、世界基準では大体11年、12年なんですが、それだけの長期間の義務教育がなぜなされるかというと、そういう義務教育で基礎教育をしておかないと、技術革新に対応できないからですよね。要するにOSをもらえるわけなんですよ、この資本主義というシステムに適応できるようにするために。

池上 なるほど。
佐藤 OSを持っていれば、そこに何らかのアプリを入れれば動くようになるわけです。

【152~153ページ】
佐藤 岡崎次郎さんは面白い人で、4億、5億と印税が入ったが、お金を全部使ってしまったと。それで、奥さんと一緒に失踪してしまうんです。~。
それから、国家社会主義者の高畠素之が訳した日本最初の訳を、徳間書店から復刊してもらおうと思っています。文学的センスのある名訳です。彼は戦前、日本で一番最初に『資本論』を訳したのですが、なかなか文学的センスがあるので、訳がいいんですよ。誤訳が多いという人もいるけれど、必ずしもそうではない。この人は『資本論』を訳しているうちに、『資本論』は正しいけれどマルクス主義は間違っている、と思うようになった。そして国家社会主義者になった。どうしてかというと、マルクスは進化論をよく知らない。人間は性悪な存在だから適者生存でやっていくので、この資本主義の論理が適者生存の中に入っていったら大変なことになる。だから最大の暴力装置である国家によって資本を抑えないといけないという主張をした。こういう経緯があるので、左翼系の人は高畠訳を評価しない傾向がある。
(つづく)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

水元正介

  • Author:水元正介
  • 水元正介のブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。