スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベランダで7本の包丁を研いだ

070809c.jpg


◎ 先週の日曜日の昼間、強い陽射しを浴びながら、私はベランダで包丁を研いだのである。その前に、粗い砥石と滑らかな砥石の2つの所在をめぐって、カミさんとちょっとした口論になった。あとで「刃物を挟んで喧嘩したら、夫婦ゲンカといえども、危ない感じがするね」とカミさんは言ったが、私は「ない!ない!絶対にない、今は。10年前だったら可能性があったかもしれないけど、ネ」と、訳のわからない返答をした。

◎ もともと、私は刃物や裁縫の針を持つと、スーッと心が落ち着く性癖もあり、自分にとって刃物は感情を高揚させる物ではなく、逆の効果を与えるからなのだ。中華包丁は一番の手ごたえがあり、研いだあとに刃先を点検するときの鋭利な感じが好きである。ステンレスの包丁は、わざわざ2つの砥石を使うほどのこともないし、研いでいる最中の力の入れ加減で、危く指を切りそうになった。今回は、研ぎ方について少し反省が残ったので、次回は完璧な切れ味をめざしたい。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

包丁包丁(ほうちょう)とは、食材を切断または加工するための刃物で調理器具。元の用字は庖丁。西洋のナイフは押し切りであるが日本の包丁は引き切りである点が異なる(この点については鋸|のこぎりも同様)。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wik

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

水元正介

  • Author:水元正介
  • 水元正介のブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。