スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルプス技研における「声だし」特訓の意味!

kanseki05.jpg


今、テレビの「カンブリア宮殿」が放送された。そこで、新入社員研修の様子が紹介されていた。社訓を暗記して、90秒以内に大声で発表させられる。私は、それが詩吟のお稽古に似ていると思った。会社の研修か、趣味かの違いだけで、様式はまるでそっくりなのである。先週から、ふとしたきっかけで、私は詩吟の先生役をおおせつかり、実際に教える立場になってみて、なおさら詩吟の効果(大きく息を吸って、その息を吐き切る)を再認識している。

相手にきちんと伝わる声で、あいさつや感謝を述べる、恥ずかしさなどを取り払い身体の心底から声を出す、それが生きていく上でとても大切なんだ。詩吟の舞台に立ったとき、まるで逃げ場がなく、そこでお腹から声を出し、たった2分間という制限された時間で、4行の漢詩を吟詠するのだが、私はその度に貴重な勉強をさせてもらっている。生きる元気や風邪を引きにくい体質にもなってきた。というわけで、なお一層詩吟に精進したいものだ、と思ったのである。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「アルプス技研」についての最新ブログのリンク集

アルプス技研 に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

水元正介

  • Author:水元正介
  • 水元正介のブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。